ゴールデンカムイ 100話のネタバレ考察。翼をください

2017/03/26

ゴールデンカムイ第100話「大雪山」のネタバレ考察です。

記念すべき100話ですね!

は、鯉登少尉の追撃を振り切り、なんとか脱出した杉元達でした。白石がホントウは裏切っていないことも分かって、杉元達はホッコリ。その代わり白石は、肛門を破壊されるかもしれないピンチに!(笑

前回:ゴールデンカムイ 99話のネタバレ考察。特大ストゥが白石を待っている

は、白石の肛門はまだ無事で(笑)、それよりも飛行船が大雪山の麓に不時着してしまいます。

さて、このあと100話の考察とかしていきますが、大いにネタバレするので、気になる人は先に本誌を見てください。

それでは、あらすじから見ていきましょう。

スポンサーリンク

第100話のあらすじ

扉絵は飛行船と杉元達。「翼をください」のタイトル付き。

杉元達4人は飛行船に乗っている。

このまま網走まで行けるんじゃないか?と話していると…

プスンプスン。。

「おいなんか止まったぞ 白石直せるか?」

「どれどれ」

白石と杉元の二人で機械を確認するが…

当然分からなくて、猿化する(笑

直せるわけ無いからそもそも無茶振りww

「キッ キキッ ウキッ」

「ウキーッウキーッ」

そこにアシリパさんが割り込んできて…

やっぱり「ウキーッッ」

「やかましいッ!!」(尾形)

パウチチャシ

飛行船は風の吹くまま流されている。。

「パウチチャシだ」

アシリパさんによるアイヌの物語がまた一つ。

ここは大雪山の麓。

地上に見える奇岩はパウチカムイが住む村パウチチャシと呼ばれているようだ。

パウチカムイは淫魔で、取り憑かれるとその人間は素っ裸になって踊り狂うらしい。

「ハッハッハッそんな馬鹿な…」

白石が喋ると前フリとしか思えない(笑

そして飛行船は無事に不時着。

追跡

尾形が上空から第七師団に追われているのを確認した。

直ぐに移動を開始しようとするが、杉元の出血が止まらない。

アシリパさんが採ってきたのは、ノコギリソウ。

葉を揉んで塗れば止血の効果があるようだ。

<エゾノコギリソウ>
亜高山帯に生える多年草
別名「兵士の傷薬」

鯉登少尉が撃った拳銃は、

「豚の鼻に当たってポトリと落ちた」

で有名な低威力な拳銃だから、自分は殺せないと喋る杉元。

「見つかった!!」

第七師団に捕捉されたようだ。

大雪山を越えるしか脱出路はない様子。

<大雪山>
大雪山は北海道の最高峰である旭岳をはじめ
20連峰におよぶ標高二千メートル級の
山々の総称である

しかも天候が荒れてきた。

下山も出来ないし、身を隠せるほどの雪も残っていない。

そして白石の様子がおかしい(笑

「低体温症でしんじまうぞ」

尾形が喋る。

避難

そのとき目の前にエゾシカが!

アシリパさんが、大きいのが3頭必要だと言う。

とっさに尾形が3頭仕留める。

「急いで皮を剥がせッ 大雑把でいい!!」

エゾシカの胴体の皮が剥がされ、内臓が取り出された。

白石は素っ裸で踊っている。

「パウチカムイに取り憑かれた!!」

やっぱりな(笑

それぞれエゾシカのお腹の中に入り込む。

アシリパさんは杉元に抱っこされている状態。

鈴川の最期を聞くアシリパさん。

鈴川は悪人だから、人の心が欠けていて痛みも感じにくいはずだ。だから同情しなくていいと話す杉元。

「子供だと思ってバカにしているのか?そんな理由でごまかすな」

と話すアシリパさんだが。

杉元はそう思うようにしてきたようだ。戦争のときもロスケは苦しまずにしねるはずだって、そうでもしなきゃ生き残れなかったと話す。

「日本に帰ってきても元の自分に戻れない奴は こころがずっと戦場にいる」

とシリアスな話をしていると、アシリパさんは何か食べている。

相変わらず茶化すの上手いなこの漫画(笑

アシリパさんは、シカの肝臓を食べていた。

脳みそも食べたいようだ。

「杉元はオソマ意外になにが好きだ?」

「食べ物?干し柿かな…」

北海道には干し柿がないので、アシリパさんは知らない。

「杉元も干し柿を食べたら戦争へ行く前の杉元に戻れるのかな」

「すべてが終わったら杉元の故郷へ連れて行け

私も干し柿を食べてみたい」

杉元は目頭を抑えていた。

白石は別のエゾシカのお尻から頭を出していた。

◆生きて帰る。約束だ。

で、今回はオシマイ。

あらすじを確認したところで、考察と背景をみていきましょう。

スポンサーリンク

第100話の考察、背景

エゾノコギリソウ

ezonokogirisou

兵士の傷薬」と呼ばれるのはヨーロッパ原産のセイヨウノコギリソウみたいだけど…。

また、ノコギリソウには「止血草」いう呼称があります。

この3つは同じキク科のノコギリソウ属なんですが、見た目も伝来も違います。

ノコギリソウ属は昔から止血、傷口を固める効能があるとされ、葉を噛むと歯痛にも効くとか。

古代ギリシャのアキレスが、負傷した兵士にこの草の効能を教えたという逸話も残ります。

覚えておくと何かのときに役立つかも?

大雪山

daisetsuzan

北海道の中央にそびえる火山群の名称。

「大雪山」っていうと1つの山みたいだけど、そうではなくて山系のこと(知りませんでした)。

旭川岳、北鎮岳など2000mを超える山岳をまとめた呼称。

北海道は何処に行っても水が美味いけど、ここの水はもの凄くおいしい。

ちなみに、旭川の地酒「大雪乃蔵」の純米吟醸生貯蔵酒は、水のような飲みやすさで、北海道に行ったらオススメ。

あとがき

以上、ゴールデンカムイ第100話のネタバレ考察でした。

今回も豆知識豊富でオモシロかったですね。

ノコギリソウの効能はイザというとき役立つかも?日本に生きててそんな場面ないか…

最期はちょっとしんみりな展開だったけど、何故だろう?この漫画だと全くしんみり出来ませんね(笑

次回も大雪山からの脱出劇が続きそうです。

ゴールデンカムイ第101話も楽しみですね。

もやし男
漫画が大好き。雨の日も晴れの日も引きこもって漫画ばかり読んでいるから色白。 ついたアダ名は「もやし男」。。
好きな漫画は、バカボンド、キングダム、蒼天航路、花の慶次、エアマスター、ゴールデンカムイ、嘘喰い、うしおととら、北斗の拳。
特技は漫画のセリフを暗記すること。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-ネタバレ

おすすめ記事

1
無料漫画アプリのランキング!30代におすすめの青年漫画が充実

無料で漫画が読めるアプリって、実は結構多いんです。 どのアプリが良いかなんて分か ...

2
ヤムチャで人生やり直し?「転生したらヤムチャだった件」のネタバレ紹介!ネタが深くて面白い

ある日、ヤムチャに転生してしまったら・・・。 そんな斬新な設定が魅力の「転生した ...

3
【最新版】漫画のレンタル最安値!漫喫、電子書籍、宅配、店頭を比較

おもしろい漫画だけど、買うほどでは‥。 でも続きは読みたい。 なんてことは良くあ ...