ゴールデンカムイ 112話のネタバレ考察。ついにウコチャヌプコロ!?

2017/03/26

ゴールデンカムイ第112話「ウコチャヌプコロ」のネタバレ考察です。

は、3日間の猶予をもらった杉元達。谷垣のことは尾形にまかせて。。大丈夫なのかそれ(汗)。杉元達は姉畑の探索に行くが全く見つからない。もう駄目かとおもった最終日に二瓶鉄造の犬リュウが現れる

前回:ゴールデンカムイ 111話のネタバレ考察。助っ人に現れたのは!?

は、ついに姉畑に追いついた杉元達。そして目の前にはヒグマ、姉畑も含めて激しいアクションが繰り広げられる。いっぽう時間がせまった尾形は谷垣を…。最期に姉畑の念願はかなうのか!?

さて、このあと112話の考察とかしていきますが、大いにネタバレするので、気になる人は先に本誌を見てください。

それでは、あらすじから見ていきましょう。

スポンサーリンク

第112話のあらすじ

扉絵はゴールデンカムイ杉元とアシリパさんとリュウ。副題で「二瓶の"湯たんぽ”奮闘す」。

杉元達は、リュウに引かれてオス鹿の死骸を見つけた場所に戻っている。

リュウは二瓶の銃を追っているわけではなく、二瓶の銃を持った谷垣のニオイを追って来たからだ。

「間に合うか厳しいな…」

「ギリギリまで粘ってみよう
いざとなったら尾形が…」

「…アシリパさん
もし俺が谷垣みたいな状況になったら
尾形にだけは託さないでくれよ?」

「杉元になにかあったら
私が必ず助ける」

「ほんとにぃ?頼むぜアシリパさん」

リア充モードに入りかけたところで、リュウが何かに反応した!

谷垣は今

「寝るなッ ちゃんと見張ってろ!」

アイヌの村では谷垣を見張っている男が寝ていた。

飯を持ってきた男に起こされる。

「おい食え 兵隊さん」

フードを被った尾形に飯を渡そうとすると…

俵と蓑でつくった変わり身だ!

そして谷垣の姿も消えていた。

尾形と谷垣は小走りで逃走中だ。

「杉元たちを信じて待っても良かったのに…」

「時間が迫ればそれだけ監視も厳しくなる」

「逃げれば罪を認めるようなものだ」

「お前の鼻を削ぐのは俺がやっても良かったんだぜ」

ここはリアリストの尾形に共感。できる男・尾形の株があがった!

ところでアイヌの人たち優しいなぁ。

リュウが見つけたもの

「見てみろ杉元
リュウがいいものみつけたぞッ」

いつにもなくアシリパさんは嬉しそうにしている。

「嬉しそうだね ウンコかい?」

そういえばこのウンコで喜ぶ設定、アラレちゃんを思い出す。

「ウンコじゃないぞッ 見てみろ」

「ウンコじゃない?どうしたの?」

「ヒグマのうんこだ!!」

アシリパさんの足元には、ヒグマのウンコが。

「ウンコじゃん うんこじゃん」

「ウンコだ杉元……ウンコだ」

このウンコの上で人間が暴れまわっている跡があった。

「犯人は近いぞリュウ!!」

ウンコの跡を見て姉畑の意図に気付くアシリパさん。ヒグマとウコチャヌプコロ出来るわけないのにと思っている。飲まず食わずの冬のヒグマに比べて、体力を取り戻した夏のヒグマはとても強いらしい。

姉畑支遁とヒグマ

姉畑は風上からヒグマに近づいて、おびき寄せる作戦だ。

ヒグマは大きなオス。

ヒグマを真似て、トノサマバッタを食べる支遁。

ヒグマが大接近してきた。

「大丈夫ですよ〜 敵じゃないですよ〜
大好きだからねぇ あなたは強そうだねぇ〜
仲良くしようねぇ」

爪でちょっとガリガリされる支遁。

「痛たたた… コラコラ〜 大丈夫だから 大好きだから 優しくしよねぇ?」

「痛いよぉ?痛いよぉ?」

「痛いって…ちょっと…痛い痛い…」

「痛いッ ギャーッ」

そのときリュウが飛び出して、二瓶鉄造の銃を姉畑から奪おうとする。

アシリパさんが矢でヒグマを狙うが、姉畑が握っていた二瓶鉄造の銃が火をふき、アシリパさんの頭をかすめる。

その衝撃で矢が逸れてしまった。

しかもアシリパさんは足を踏み外して池に落ちる。
助けようとした杉元も一緒に落ちてしまった。

「ヤチマナコだ」

<ヤチマナコ(谷地眼)>
湿原の泥炭の下には無数の川が流れており
水の動きで泥炭がはがれ落ち
穴があいて水面をのぞかせる
小さな水面の下は壺形に
3、4メートルも深くなっているところもあり
夏は水草類で水面が隠れるため
「湿原の落とし穴」
と言われる

銃声に尾形と谷垣も気づいた。

姉畑はいつの間にか下半身を脱いで、諦めずにヒグマの腹にへばりついている。

「くううッ 私はあきらめないッ」

池から上がった杉元はヒグマを撃とうとしたが…銃が壊れた!

「うーわッ…壊れたッ!!」

銃を水中に落とした場合、銃身内の水をしっかり切ってから撃たないと圧力が高まり破損する危険があるんだとか。

ヒグマに狙われた杉元は、ホパラタ(丹頂鶴)の踊りをしたが効かずに、池に逃げ込んだ。

姉畑は限界に近づいている。

アシリパさんの毒も水に溶けてしまった。杉元も銃剣しかもっていない。そして水面にはヒグマが待ち構えている。

そのピンチにアシリパさんの目の前に蛇(ジムグリ)が。

「ぎいやッ 蛇だぁッ」

蛇が大嫌いなアシリパさんだが、ヒグマも蛇が大嫌いだ。

アシリパさんは顔面作画が崩壊しながら、杉元のために蛇を拾ってヒグマに投げつけた。

「ウコチャヌプコロ!!」

なんでウコチャヌプコロって叫んだのww?

「バヒーッ」

蛇が目の前におちたヒグマは泡をふいた。杉元も水面に顔を出す。

そのときヒグマのお尻に隙が!!

「動物が大好きなんだ…!!」

まるまる2ページを使って、ついに姉畑はヒグマと結ばれる!

その光景を目撃した全員が心を奪われている。

「なんてこった」

谷垣を追ってきたアイヌ達も呆然としている。

「信じられん みんな見てるか?」

「ああ…!」

杉元は地面をダンダン叩きながら大興奮。

「やりやがった!!マジかよあの野郎ッ やりやがったッ!!」

「姉畑支遁すげぇッ」

すっかり尊敬しちゃってます。。

◆マジかよ!信じられねぇ!!

次号、杉元クールダウン。

でオシマイ。

"次号、杉元クールダウン”ってところで笑ったw

それでは気になったポイントを考察したり、背景を見ていきましょう。

スポンサーリンク

第112話の考察、背景

谷地眼(ヤチマナコ)

どうやら釧路湿原にいる設定みたいですね。谷地眼は釧路湿原が有名です。

谷地眼にエゾシカや牛や馬が落ちて、白骨化して見つかったことがあるようです。

というわけで湿原を歩くときは要注意。

ちなみに釧路湿原は国定公園ですので、勝手に歩くと怒られます。

ジムグリ

日本い広く分布している蛇で、見た目が超ド派手。赤みがかった茶褐色で、黒い斑点の入った模様が特徴的です。

寒い地域では赤みが強くなったり、黒い斑点が消える例もあるみたいです。北海道では固有のオリーブグリーン色もいるらしい。

そして見た目の派手さとは裏腹に、実は無毒なんですね。

全長は70cmから100cm。

森林や水辺にも住んでいて、特に地中や石の下に潜っていることが「ジムグリ」という名前の由来なんだとか。

あとがき

以上、ゴールデンカムイ第112話のネタバレ考察でした。

杉元の予想とは裏腹に、あまのじゃく尾形はぶじ谷垣を救出。

尾形といえでもアシリパさんの期待は裏切れなかったんですね。

そして念願のウコチャヌプコロついに決まりましたね!

「ウコチャヌプコロ」がTwitterで爆発したみたいだけど、これは今年の流行語ねらえるか?

ウコチャヌプコロしない?みたいに使うんでしょうかねwww

ちなみにこの人、アーネスト・シートンではないですよね。大丈夫ですね(汗)

次回ゴールデンカムイ第113話が待ち遠しいですね!

▶ ゴールデンカムイ登場キャラの実在モデル一覧。こんな奇人・変人が実在したなんて!!

▶ ゴールデンカムイに登場した動物達。強くたくましい北海道の野生!

▶ ゴールデンカムイのマメ知識やトリビア。物語の背景が分かるともっと楽しく読める!

もやし男

漫画が大好き。雨の日も晴れの日も引きこもって漫画ばかり読んでいるから色白。 ついたアダ名は「もやし男」。。
好きな漫画は、バカボンド、キングダム、蒼天航路、花の慶次、エアマスター、ゴールデンカムイ、嘘喰い、うしおととら、北斗の拳。
特技は漫画のセリフを暗記すること。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

FOD宣伝

★ゴールデンカムイのTVアニメ放送中!★
夜遅くにTVを見られない人、見逃した人。
好きな時間に観られるFODプレミアムがオススメ。
» 1ヶ月無料!FODプレミアム

-ネタバレ

おすすめ記事

1
無料漫画アプリのランキング!30代におすすめの青年漫画が充実

無料で漫画が読めるアプリって、実は結構多いんです。 どのアプリが良いかなんて分か ...

2
ヤムチャで人生やり直し?「転生したらヤムチャだった件」のネタバレ紹介!ネタが深くて面白い

ある日、ヤムチャに転生してしまったら・・・。 そんな斬新な設定が魅力の「転生した ...

3
【最新版】漫画のレンタル最安値!漫喫、電子書籍、宅配、店頭を比較

おもしろい漫画だけど、買うほどでは‥。 でも続きは読みたい。 なんてことは良くあ ...