ゴールデンカムイ 120話のネタバレ考察。無駄に肉体美さらしている場合じゃ…

2017/06/04

ゴールデンカムイ第120話「奇襲の音」のネタバレ考察です。

は、ついに盲目の盗賊の正体が!盗賊の頭目は、どう見てもマカロニ・ウエスタンww。最後に杉元が撃ってはいけないコタンコロカムイの目を撃ち抜いてしまう。嫌な予感が・・・そして盗賊の襲撃が始まるという展開。

前回:ゴールデンカムイ 119話のネタバレ考察。マカロニ・ウエスタン登場!

は、盲目の盗賊たちが襲ってくる新月までもう少し。情報収集をしていると、ゲタの音だと思っていたのは実はあるサインだった!杉元たちは露天風呂に使って、英気を養っていたが・・・無駄に肉体美を晒している場合じゃない!(汗

さて、このあと120話の考察とかしていきますが、大いにネタバレするので、気になる人は先に本誌を見てください。

それでは、あらすじから見ていきましょう。

スポンサーリンク

第120話のあらすじ

扉絵は杉元がカッコよく銃を構えている様子。「お前にずどんっ!!」の副題。

◆コタンコロカムイからの警鳴。

「イタチか何かが近づいたのだろう」

コタンコロカムイが鳴いたので臨戦態勢をとっている。

盲目の盗賊たちが襲ってくるのは、必ず新月らしい。

「新月までこの村で待ち伏せる必要は無いだろう」

 

新月の前に奇襲をかけようとする杉元たち。

カンカン

アシリパさんだけが、森の奥の音に気付いた。

「どうかした?」

「いや…聞いたことない音が森から…気のせいかも」

泥火山

インカラマッが、このあたりにある泥火山という噴気孔を谷垣に説明する。

アイヌ語では、“熱い”“煮えたぎる”という意味で、“ボッケ”と呼ぶらしい。

「ボッキ」

ボソ…

「ボッケだよ」

チカパシに突っ込まれるが…

「え?」

「ボッキじゃないよ」

「おっと…そうかははは」

「ボッキか…」

「ボッケだよ谷垣ニシパ」

完全に、"二瓶鉄造”に染まったようだ。

ちなみにこのシーンはストーリーと全く関係なさそうにみえるけど!?

温泉旅館で情報収集

近くの旅館で情報収集する、杉元とアシリパ。

杉元は、盲目のあんまさんから按摩を受けている。

あんまさんは、杉元のやわらかい筋肉を褒めている。

「大きな猫…いや…野生のトラというのはこんな身体かと想像させます」

そして体中の深い傷跡を見て、どうして生きていいられるのか聞いた。

すると杉元はあんまさんに、アイヌが葬式の時に故人の道具や着物を傷つけて
持ち主があの世で使えるように魂を抜いてやる習わしがあることを伝える。

「俺の魂を抜きたきゃもっとデカい傷が必要なのさ」

「杉元が傷を負っても死なないのは
この世での役目がまだ残っているということだ」

露天風呂(男湯)

男衆が露天風呂に使っている。

なぜか全員カメラ目線でこちらを見ている図。
やたらたくましいんですけど(笑

杉元はさっき、あんまさんから仕入れた情報を伝える。

屈斜路湖周辺には、もっと温泉宿があって、硫黄山の閉山で今は廃屋になっている旅館が森のなかに点在しているらしい。

「盗賊の隠れ家にはもってこいだな
夜が明けたら探しに行くか」

「あと2日で新月だ
今夜はゆっくり英気を養おうぜ」

あんまさんの帰り掛けに

あんまさんは、仕事が終わったので一人で帰るところ。

「ひとりで大丈夫か?」

「ありがとう
夜道はお嬢ちゃんより得意だよ」

 

「そうだお嬢ちゃん
夜のゲタの音にきをつけなさい」

「ゲタ?」

「夜になるとこのあたりに出て来る盲目の盗賊さ」

そしてあんまさんは、ゲタの音の正体について説明する。

「あれは舌の音だ
舌を鳴らした音の反響でものを見る」

「舌を鳴らすってどんな風に」

カンッ

露天風呂に侵入者

露天風呂の周りを、盲目の男たちが囲う。

ひとりだけやたらエグそうな棒をもっているww

「何だお前ら!!」

「その恐ろしい形の棒をどう使う気だ!?」

杉元がツッコムw
北斗の拳の雑魚がもってんそうな棒(笑

「こっちにも来たぞッ」

ポコン

ポコン

白石だけはチン◯のようなもので頭をポコポコされている。

そのころアシリパさんは、ゲタの音に気付いて、急いで杉元達のところにむかっている。

「なんてチン◯…」

「いや……なんてことだ!!こいつが都丹庵士だッ」

「明かりをやられたッ」

「こっちからは丸見えだぜ」

真っ暗で目が見えないのどうやって戦う!?

しかもフリチンで!!

◆↑ソコ丸腰でしょお!!

次号もポコン!?

でオシマイ。

これただ単にフリチンにしたかっただけじゃ・・・(汗

それでは気になったポイントを考察したり、背景を見ていきましょう。

スポンサーリンク

第120話の考察、背景

舌を鳴らす音で世界を視る

舌を鳴らすことで超音波を発し、それで周辺を把握するなんて出来るの?

と思って調べてみると、いや実際にそういう人いるんですね!

しかも一人ではなく、数人はいました。

目に頼らなくても、音でも周りを把握できるなんて凄いですね。

その中の一人の話を引用してみます。

盲目の少年、ベン・アンダーウッドがまだ5年生の頃である。クラスメイトでいたずら好きの少年が、ベンをからかおうと、面白半分にその顔を殴った。するとベンは、いつものように舌打ちを始めた。「舌を鳴らしながら、彼を追いかけました。そして彼を捕まえて、一発お見舞いしてやったんです。」

ベンのこの卓越した能力は、通常、反響定位(エコーロケーション)と呼ばれ、一般にはコウモリやイルカといった動物特有の能力として知られている。盲目者専門の心理学者として反響定位技術を指導するダン・キッシュ氏は次のように語る。「彼の技術は全く希有なものです。彼は人間の知覚能力の限界を超えているんです。」

出典:X51.ORG「音で世界を"視る"少年 米」

 

あとがき

以上、ゴールデンカムイ第120話のネタバレ考察でした。

新月だと思っていたのに、贈呈外に奇襲を受けてしまった杉元たち。

しかもまさかのフリチン&武器なしの状態。

真っ暗闇でどうやって戦うのか、次回の活躍が楽しみですね。

次回ゴールデンカムイ第121話が待ち遠しい!

▶ ゴールデンカムイ登場キャラの実在モデル一覧。こんな奇人・変人が実在したなんて!!

▶ ゴールデンカムイに登場した動物達。強くたくましい北海道の野生!

▶ ゴールデンカムイのマメ知識やトリビア。物語の背景が分かるともっと楽しく読める!

もやし男

漫画が大好き。雨の日も晴れの日も引きこもって漫画ばかり読んでいるから色白。 ついたアダ名は「もやし男」。。
好きな漫画は、バカボンド、キングダム、蒼天航路、花の慶次、エアマスター、ゴールデンカムイ、嘘喰い、うしおととら、北斗の拳。
特技は漫画のセリフを暗記すること。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

FOD宣伝

★ゴールデンカムイのTVアニメ放送中!★
夜遅くにTVを見られない人、見逃した人。
好きな時間に観られるFODプレミアムがオススメ。
» 1ヶ月無料!FODプレミアム

-ネタバレ

おすすめ記事

1
無料漫画アプリのランキング!30代におすすめの青年漫画が充実

無料で漫画が読めるアプリって、実は結構多いんです。 どのアプリが良いかなんて分か ...

2
ヤムチャで人生やり直し?「転生したらヤムチャだった件」のネタバレ紹介!ネタが深くて面白い

ある日、ヤムチャに転生してしまったら・・・。 そんな斬新な設定が魅力の「転生した ...

3
【最新版】漫画のレンタル最安値!漫喫、電子書籍、宅配、店頭を比較

おもしろい漫画だけど、買うほどでは‥。 でも続きは読みたい。 なんてことは良くあ ...