キングダム第493話のネタバレ考察と感想。ついに一芸合格きた

2016/10/27

キングダム第493話「再出発」のネタバレ考察と感想です。

は、パワハラ入隊試験の中で、中華十弓を父親に持つ兄弟が、弓の凄腕を披露しました。入隊フラグ立ちまくりの弓兵兄弟の扱いが気になるところです。

前回:キングダム第492話のネタバレ考察と感想。入隊式?パワハラだろw

は、弓矢兄弟の父親の話がと、兄弟の試験の結果です。そして今回もストーリー進まず。

さて、このあと考察とかしていきますが、大いにネタバレするので、気になる人は先に本誌を見てください。

それでは、あらすじから見ていきましょう。

スポンサーリンク

第493話のあらすじ

中華十弓を父に持つ兄弟。

弟の淡が、的を遥か遠くに運ぶ。

扉絵は、兄の仁がはるか遠くの的に向かって弓を構える図。

中華十弓とは、趙の武霊王が全土から弓自慢を集めて腕比べし、上位十名をそう呼んだのが始まり。

優勝した金令は、五百歩の距離から十射うって八射が的を射抜いたんだとか。

弓兵兄弟も順に弓を射て、全て的に当てる。

父・蒼源もこの距離から十射中八射だったと話す。

しかし魏国の馬朱離は、十射中十射や九射と言われる神弓の異名をもつ最強の弓兵。中華十弓の上位三名のうちの一人だ。

上位三名の後の二人は、燕の仙手備と、趙の青華雲。

しかしこれどうやって順位を決めるんだ?大会でも開く?

父・蒼源は、馬朱離と戦うため山を降りて戦場に行ったと兄の仁は思い返す。

そしてすぐに麃公軍にはいって討ち死にしてしまった。

と信が言うと、久しぶりに岳雷さん登場。

出番すくねぇ。

蒼源様が戦場で何もせずに死んだというのは間違いだという。

長い期間ではなかったが、麃公軍において大いに活躍した。

中でも中華十弓の一人、魏の白公との弓対戦では、六射目で白公の右目を貫いて、その名を認めさせたという。

それから蒼源様は、弓騎兵だけの特殊部隊をつくり活躍したが、あるとき味方の窮地を救った蒼源の部隊は伏兵にあい、そこで蒼源様も死んでしまった。

そこで救われたのが岳雷だったと。

岳雷は兄弟に頭を下げる。

何もせずに死んでしまったと思っていた、兄弟はいい話を聞かせてもらったと喜んだ。

我呂が何故飛信隊に入りたいのか聞く。

飛信隊と隊長は弓矢のようにまっすぐだと聞いたからだと答えた。

あと羌瘣と河了貂がかわいいって噂があるらしい。

そして飛信隊にいれてくれと頼み込む兄弟。

河了貂は体力をつけてもらう約束で入隊を許可した。

しかし偉くなったな飛信隊(笑)

いつも死にまくりで補充兵が必要なんだから、贅沢言える立場ではないだろ(汗

遠くで見ていた、剣の試験で敗れた干斗。

岩を抱えて試験中だが、こちらも何故入りたいのか質問される。

元下僕の隊長と、その脇を固めるのは平民出。そんな部隊に憧れるとか。

結局、この試験場では合格者が多く出過ぎてしまった。

羌瘣のところとも合格者が多すぎて、受かった連中で再試験。

そして、ようやく千名が飛信隊に入隊した。

尾平とかいらないな(笑)

最期は信により激励で、全員の目が輝いて終了。

今回もストーリー進まなかったなぁ‥。

スポンサーリンク

あとがき

以上、キングダム第493話のネタバレ考察と感想についてでした。

今回は特に考察すべき点も伏線もありませんでした。

この弓兵兄弟の仁と淡。中華十弓としての戦いが今後の戦場でありそうですね。

このところずっと停滞しているキングダム。もう5〜6話はこんな感じなんで、そろそろストーリーが進んでも良いんじゃないかと。

次回キングダム第494話では、話は進むのでしょうか。

次回:キングダム第494話のネタバレ考察と感想。史記でも活躍のあの人復活

もやし男
漫画が大好き。雨の日も晴れの日も引きこもって漫画ばかり読んでいるから色白。 ついたアダ名は「もやし男」。。
好きな漫画は、バカボンド、キングダム、蒼天航路、花の慶次、エアマスター、ゴールデンカムイ、嘘喰い、うしおととら、北斗の拳。
特技は漫画のセリフを暗記すること。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-ネタバレ
-

おすすめ記事

1
無料漫画アプリのランキング!30代におすすめの青年漫画が充実

無料で漫画が読めるアプリって、実は結構多いんです。 どのアプリが良いかなんて分か ...

映画の映写機の写真 2
無限の住人実写映画版、キムタク以外の確定キャストまとめ

※2016年11月7日、最新情報更新しました! 木村拓哉主演で2017年の映画化 ...

3
【最新版】漫画のレンタル最安値!漫喫、電子書籍、宅配、店頭を比較

おもしろい漫画だけど、買うほどでは‥。 でも続きは読みたい。 なんてことは良くあ ...