「逃げるは恥だが役に立つ」42話のネタバレ感想。最終回直前!百合ちゃんついに…!?

2016/12/25

Kiss2017年1月号掲載、「逃げるは恥だが役に立つ」42話のネタバレ感想です。

逃げるは恥だが役に立つ41話のネタバレ感想はこちら≫

ドラマが絶好調の逃げ恥、漫画本誌はいよいよ次号で最終回と、クライマックスを迎えております。

42話「勝って兜の緒を締めよ」は、みくり&津崎さんの会議がメイン。

しかし、最大の見どころはボリュームは小さいながら、百合ちゃん&風見さんの関係に決着が着いたこと。

晴れてカップル成立なるか!?百合ちゃんの出した答えが気になる逃げ恥42話、それではあらすじからどうぞ!

スポンサーリンク

逃げるは恥だが役に立つ42話のあらすじ

場面は百合ちゃんのマンション。

同僚が失礼なことをした(※)と聞いたので、会って話したいという風見さんのメールを見ている百合ちゃんから42話はスタート。

※41話での杏奈ちゃんのことです。杏奈ちゃんvs百合ちゃんのネタバレはこちら≫

ゆりちゃんは、私も話したいので休日にゆっくり会おうと返信します。

 

ここで場面は変わり、新生活1ヶ月を迎えたみくり&津崎さんの経過報告会議へ。

率直な感想を聞かれたみくりは、「えっとすみません…もやもやしてます…」と回答。

もやもやの理由は、家事分担でした。

津崎さんが家事をやり忘れていると、そっちの分担だよね?と思ってしまったというみくり。

そして、津崎さんのほうも、みくりの掃除の質の低下が気になっていたと言います。

 

問題は、「分担」にあるのではと考えたみくり。

「分担って実は結構やっかいじゃないですかね

やって当たり前ってなって できてないとイラッとするっていうか…

しかもそのできてない基準は自分の中の採点で相手にはわからないっていう」

分担があるから、気になることがあっても自分でやらずに、できていない相手を責めてしまう。

 

この「分担」問題について話し合う2人。

「正直 今 生活費多めに出してもらってるけど 私のほうが家事分担多いから当たり前って思ってあんまり感謝ないですからね」

「あー…最初から分担になってしまうと感謝がなくなって当たり前でしょって思ってしまうのか…」

分担を決めていることで感謝がなくなっているのが問題だと気付いた2人は、こんな結論に達します。

「なるほど 役割と義務ではなく 好意と感謝で生活を回していこうということですね」

2人で一人暮らしをしているようなイメージで、自分のことは基本、自分でやる。

でも、ついでに相手のこともしようと思った時は、必ず声をかけて確認する。

こうすれば、相手の家事をやることが義務にはならないので、やってもらったことにありがとうが言えて、イライラ・もやもやは減るだろうと。

 

こうして今月の会議は終了。

家庭という場所を協力して運営する共同責任者として、都度話し合いをしてお互いが楽になるよう最適化しようという津崎さん。

そこにみくりが、こんな質問を漏らします。

「いつの間にか月2回のハグがなくなっていることについてはどう思われますか」

これについては自分ももやもやしていたという津崎さん。

ハグを復活させようかという津崎さんに、みくりは新婚だからと、こんなおねだりをします。

「1日の最後寝る前にハグをしてもらうと1日の疲れも癒されるかと思うんですがどうでしょうか」

それを聞いた津崎さんの反応は…

「そういうおねだりはどんどん言っていきませんか

むしろウェルカムです!」

頬を染めた津崎さん、みくりがおねだりをするならと、こんなおねだりまで飛び出しました。

「朝起こしたついでに…おはようの…チュウ的な…」

み「わー死ぬ!恥ずかしくて死ぬ!」

津「僕だってさっき殺されかけましたよ!」

と、ラブラブな2人なのでした。

 

そして場面は、休日に待ち合わせた百合ちゃんと風見さんへ。

「先日はモンスター退治をなさったようで…」

と、杏奈ちゃんの話を切り出す風見さん。

彼女と話して、ハッとさせられることがあったという風見さんは、百合ちゃんにこんな告白をします。

「僕は振られたあともまだ百合さんのことが好きでした

でも いつまでもとらわれたままでいるのは自分がつらいし

断ち切らないといけないと思っています」

「だから あなたの気持ちが変わらないのであれば今ここではっきり言ってください

そしたら僕はあなたをきっぱりとあきらめて

この先二度とは口には出しません」

風見さんの言葉を、目を見開き、心臓をドキンドキンとさせながら聞いている百合ちゃん。

心のうちでは、こんなことを考えていました。

 

「これを振り払ったら本当にこれで最後なんだなとわかった

たぶん彼と結婚することはないし 付き合っても遅かれ早かれダメになるんだろう

大人だからわかる だけど

周りに遠慮せず自分の判断で自由に生きて

失敗したらそれも ちゃんと受け止める それが大人ってもんでしょ

あたしがなりたかったのは そういう大人でしょう」

 

そして百合ちゃんが出した答えは…

「あなたがいないとやっぱり寂しい あなたが好きなの」

たまらず百合ちゃんを抱きしめる風見さん。

モンスターの彼女に何か聞いたのかと尋ねられ、風見さんは杏奈との会話を思い出していました。

「風見さんは私にあの人が好きだって言うし

あの人は私に風見さんが好きだって言うし

じゃあなんで降ったの振られたの そういう話になるんだっていう」

「感情って影響されやすくて一瞬一瞬ころころ変わるじゃないですか

だから大事なのはどのタイミングで何をするかってそれだけじゃないんですかね」

結果的には、杏奈ちゃんのその言葉がきっかけになって、風見さんと百合ちゃんはお互いの想いを確認できたわけです。

 

そしてキスを交わす2人。

みくりがいなくなったと聞いた風見さんは、「じゃあ 泊まりにいってもいい?」と、お泊り提案。

そこであることに気付いた百合ちゃん。

「その日 百合は思い出した

閉経後もそういうことはできるという現実を…

閉経後に処女ではなくなるという可能性を…(BGM 紅蓮の弓矢)」

ここで42話は終了です!

※最後の1コマでBGM指定されている「紅蓮の弓矢」はこの曲です。

スポンサーリンク

逃げるは恥だが役に立つ42話の感想

みくりと百合ちゃん、それぞれが収まるべきところに収まった!という感じの逃げ恥42話でした!

いまだに敬語で話しているみくりと津崎さんですが、それでいてお互いにイチャイチャしたくて、頬を染めながらそれを会議で提案しているところにグッと来ますね。

 

みくりと津崎さんのカップルは、欲とか執着じゃなくて、信頼関係で結ばれてるってところがいいですよね。

欲じゃないから、ドロドロしたとこがなくて、すごく爽やか。

一緒に暮らしてるのに敬語で話して、会議もしているし、結婚というより同居に近い関係だけど、よそよそしさではないっていう、不思議で素敵なバランスだと思います。

 

逃げ恥はドラマも絶好調ですが、その理由は、この2人の「ムズキュン」なところが受けているからだという記事を読みました。

逃げ恥ドラマ、全部は見てないんですが、実写化ドラマにしてはキャスティングがすごくいいなと。

原作を読んでいて、ガッキー=みくりのイメージはなかったですが、可愛いは正義だから良し。

で、津崎さん役の星野源さん、最初にビジュアルを見た時は若干違和感がありましたが、ドラマで動いているところを見ると、理系男子な雰囲気がぴったり。

何よりイメージぴったりだったのは、百合ちゃん役の石田ゆり子さん。
まさにハマリ役!じゃないでしょうか!

個人的な感想ですが、原作を忠実に実写化というのではなくて、原作のイメージを損なわずに、上手に再構築してるなあという印象を持ちました。

 

話を漫画に戻すと、百合ちゃんと風見さんが、とうとうくっつきましたね~。

最終回となる次回43話では、ついに百合ちゃんが初夜を迎えるのか…!?

みくりも百合ちゃんも、ハッピーエンドは間違いないであろう最終回、幸せな気持ちで読めそうです。

逃げ恥が終わってしまうのは寂しいですが、番外編掲載の予定もあるようなので、もう少し楽しませてもらえそうですよ~。

それではまた来月、逃げるは恥だが役に立つ最終回43話のネタバレでお会いしましょう(´▽`)ノ

逃げるは恥だが役に立つ最終話のネタバレ更新しました!≫

メガネ女子
1人で漫画を読む時間が至福の、友達が少ないぼっち女子。現代物より近未来SF・ファンタジー・歴史系が好きだけど、完結済みのイチオシ漫画はアイシールド21だったりする。今読んでる連載中漫画はゴールデンカムイ、東京喰種、キングダム、ヴィンランド・サガ、乙嫁語り、俺物語など。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-逃げるは恥だが役に立つ
-

おすすめ記事

1
無料漫画アプリのランキング!30代におすすめの青年漫画が充実

無料で漫画が読めるアプリって、実は結構多いんです。 どのアプリが良いかなんて分か ...

2
ヤムチャで人生やり直し?「転生したらヤムチャだった件」のネタバレ紹介!ネタが深くて面白い

ある日、ヤムチャに転生してしまったら・・・。 そんな斬新な設定が魅力の「転生した ...

3
【最新版】漫画のレンタル最安値!漫喫、電子書籍、宅配、店頭を比較

おもしろい漫画だけど、買うほどでは‥。 でも続きは読みたい。 なんてことは良くあ ...