「虹色デイズ」53話のネタバレ感想。剛の進路決定、ゆきりんとの関係は!?

2016/12/13

別冊マーガレット2016年12月号掲載「虹色デイズ」53話のネタバレ感想です。

前回52話で、「今から会いたい」とゆきりんを呼び出した剛。

はたして、剛がゆきりんに伝えたいこととは…?

虹色デイズ52話のネタバレはこちら≫

進路に悩み続けた剛の出した答えと、ゆきりんへの気持ちが語られる53話、それではあらすじからどうぞ!

スポンサーリンク

虹色デイズ53話のあらすじ

駅前でスマホを見ながら、ゆきりんを待つ剛。

そこに元気いっぱいのゆきりんが到着します。

いつもどおり、明るく剛を引っ張るゆきりん、したいことがあると剛を連れて行った先は河原。

ゆきりんが一度してみたかったという、プラネタリウムごっこ(河原に寝転んで空を見上げる)でした。

 

突然呼び出したことを謝りながらも、こうして会いたい時に会えるのはいいよね、と離し始める剛。

「ゆきりんは どのくらいの距離まで大丈夫?」

と、ふいに尋ねた剛に、ゆきりんは

「東京に行く話?」

「決めたんだ?」

と、話の本題へ。

 

ずっと悩んでいたけれど、1人で何かを見つけたい、向こうの大学を受けてみる。

自分勝手でごめんと謝る剛に、いつもどおりの明るさで剛を応援してくれるゆきりん。

そんなゆきりんに、剛は

「今まだフラフラしてて 全然はっきりとした先は見えてないけど

ゆきりんのことは大事だし

ずっと一緒にいたいと思うくらい…2人の未来を考えているので

少しだけオレに時間を下さい」

と、自分の思いを伝えます。

 

それに対し、剛がゆきりんを大好きなこと、だから悩んだこと、全部わかってるから応援するよ、と笑うゆきりん。

明るく振る舞っていましたが、剛がほっぺを触った拍子に、思わず涙がこぼれます。

「ゆきりん 言っていいよ オレのために我慢しないで」

と言う剛に、本音が止められなくなったゆきりん。

さみしいと号泣して剛に抱きつきます。

 

ひととおり泣いて落ち着いたゆきりん、再び剛に抱きついて、「会いに行ってもいい?」「つよぽんぬも来てくれる?」「いっぱい連絡してくれる?」と、剛に問いかけていきます。

そして最後の「じゃあ私のこと好き?」の質問に、恥ずかしいと言いながらも

「世界で1番好きだよ」

と答えてキスした剛、あげた顔は「恥ずかしすぎる…」と、真っ赤になっていました。

「私も世界で1番大好き!!」と答えるゆきりんの顔にはもう涙はなく、いつもの笑顔がありました。

 

2人の未来のために、あとは力の限り努力すると決めた剛。

志望校を変えたと、担任に改めて進路希望調査を提出し直します。

職員室を出たところで声をかけられたいつものメンツに「ごめんね みんな」と謝りながらも、顔には笑顔を浮かべた剛と、その珍しい表情に驚くメンバーたちの姿で53話は終了です!

スポンサーリンク

虹色デイズ53話の感想

剛とゆきりん、2人の絆や信頼の深さがガッツリ描写された53話でございました。

すごくいい話なんですけどね、高校生でここまでお互いを理解し合える男女って本当にいるのかいな、と思ってしまう汚れた大人のメガネ女子です。

剛の進路の悩みも、この53話でようやく決着しましたね。

54話では剛の進路がみんなに明かされてそれぞれの反応が描かれて、実際に剛が東京へ発つのはそれ以降かな?

あるいは、剛以外の3人に焦点があたっていくのかもしれないですね。

剛の選択を受けて、これでいいのかなって考えるメンバーが出てきたりとか。

次は誰がメインになるのか楽しみにしつつ、また54話のネタバレでお会いしましょう(´▽`)ノ

虹色デイズ54話のネタバレ、更新しました!≫

メガネ女子
1人で漫画を読む時間が至福の、友達が少ないぼっち女子。現代物より近未来SF・ファンタジー・歴史系が好きだけど、完結済みのイチオシ漫画はアイシールド21だったりする。今読んでる連載中漫画はゴールデンカムイ、東京喰種、キングダム、ヴィンランド・サガ、乙嫁語り、俺物語など。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-虹色デイズ
-

おすすめ記事

mangaicon 1
無料漫画アプリのランキング!30代におすすめの青年漫画が充実

無料で漫画が読めるアプリって、実は結構多いんです。 どのアプリが良いかなんて分か ...

映画の映写機の写真 2
無限の住人実写映画版、キムタク以外の確定キャストまとめ

※2016年11月7日、最新情報更新しました! 木村拓哉主演で2017年の映画化 ...

manga_asort 3
【最新版】漫画のレンタル最安値!漫喫、電子書籍、宅配、店頭を比較

おもしろい漫画だけど、買うほどでは‥。 でも続きは読みたい。 なんてことは良くあ ...