『ソフトメタルヴァンパイア』第1話のネタバレ考察と用語解説

2016/10/25

月刊アフタヌーン10月号で新連載の『ソフトメタルヴァンパイア』。

元素を操るヴァンパイアの争いを描いた、SF・スペクタクル・アクション漫画。『EDEN』『オールラウンダー廻』の作者、遠藤浩輝先生の新作です。EDENの作者なので最期は救いようのない展開が期待できますね。

ストーリーの端々に化学(ばけがく)の知識が散りばめられ、化学をまともに勉強していない人には、「ウグッ」っとなる漫画。しかし絵がいいので、それでも楽しめます。。

元素表を見直したくなるので、化学を楽しめない高校生に超絶お薦めの漫画。

今回は第1話『I am a Rookie.』のネタバレ考察と用語解説について。大いにネタバレするので、困る人は先に本誌を見てください。

今なら第1話はWEB上で無料公開中↓読むなら今でしょ!
『ソフトメタルヴァンパイア』第1話「I am Rookie.」

それではあらすじから見ていきましょう。

スポンサーリンク

ソフトメタルヴァンパイア第1話のあらすじ

新連載の第1話ということも在って、なんと89ページ。

あらすじも長くなっちゃったんで、チャチャッとトリビアとか考察を読みたいみたい人は、あらすじ飛ばしてくだせー。

プロローグ

銀のアクセサリーを自在に操る少女。父親からは「その力を誰にも見せるな」と言われる。

少女が10歳になる頃その力は消失し、同時に世界中で銀の採掘・加工・流通・販売が禁止される。国家が所有していたプルトニウム-ガリウム合金も全て消え去り、それらは空中に浮遊する謎のブイのようなものに化けていた。

最初だけあって謎いっぱいです。

本編前半

少女の名前は斎 美井香(イツキ ミイカ)、16歳の誕生日からスタート。ポッドとよばれる謎のブイが、ミイカの寝起きと同時に採血を行う。よく分からないけど、この採血は世界中で行われているっぽい。

このあと朝食の場面。ミイカの父親は、小松菜のほうが鉄分が多いとか、ほうれん草にはシュウ酸が多いとか言いながら朝食を作っている。というわけで母親はいなそう。

ミイカが登校すると、父親は謎の組織に「娘を頼む」と電話していた。そしてミイカは登校中に、すぐ勃◯して触ってくる変態野郎に遭遇(待ち伏せされる)。

ミイカがヒロインだとすると、これヒーローか!?(笑
コミ障だし、ワイセツ過ぎwww

ミイカはこいつを蹴り倒して学校に急ぎ、あとはスクールライフをグダグアしていると‥さっきの変態野郎が転校生として登場。ありがちなパターン来たな‥と思っていたら、いきなり警視庁の治安ポッドが乱射で、クラスメイトほぼ全滅

こういう展開は予想しなかった。流石EDENの作者(笑)。

変態野郎(ヒーロー?)に庇われて、なんとか凶弾を逃れたが治安ポッドは差し迫る。そのとき撃たれて死んだと思った変態野郎が立ち上がって、謎の力で治安ポッドを撃滅した。

変態野郎の口が寄生獣みたいに不気味に開いて、辺りの死体から血を集める。男は吸血族(ヴァンピール)だった。

どうでもいいけど、口の開き方と伸びる血管が不気味・・このキショイ描画はいらなくね!?(^_^;)とちょっと思いました。

本編後半

学校の屋上に逃げた吸血族の男とミイカ。そこにはサバサバ系美女キャラ・硝姉ェ(シャオネエ)こと、本名メイリン・ラウがお待ちかね。

再び治安ポッドが集まってきたが、硝姉の能力で全てを破壊した。彼女は「窒素族使い」。元素表の窒素族を操ることができる。

彼女らの所属はG.D.F.という謎の組織、どうやら反政府っぽい感じ。で脱出かと思いきや、噛ませ犬キター!

改造公ペトル、こいつはクロム族使い

タングステンの槍で攻撃してきたが、吸血族の男の能力「炭素族使い」で、タングステンカーバイドに化合して返り討ち。トドメは硝姉ェのポリ窒素弾で、噛ませ犬らしくアッサリ終了だお。ここで吸血族の男のプロフィールが判明。男の本名はアラン・スナベといいます。

無人機が空中から攻撃してきたので、今度こそ脱出ということで、校舎の壁を駆け下りる(吸血鬼は駆け下りれるらしい)。すると地上に付いたところでPOLICEがお待ちかね。アランはやっぱり◯起してるwww

ってところで今回は終了です。

あらすじが分かったところで、ネタバレ考察と用語解説を見ていきましょう。

スポンサーリンク

ソフトメタルヴァンパイア第1話のネタバレ考察と用語解説

主人公のミイカは銅族使い?

主人公の斎 美井香(イツキ ミイカ)は、小さい頃、銀を操っていた。ってことは元素表でいうと第11元素族(胴、銀、金、レントゲニウム)で、通称は「胴族元素」。ということで胴族使いっぽいよね。

ほうれん草にはシュウ酸が多い

ほうれん草はシュウ酸を多く含む。これは野菜に使う窒素肥料が原因。シュウ酸を取りすぎると体内からカルシウムを排出したり、病気の原因になると言われてます。日本では窒素肥料の使用量に制限はないので、使いすぎている野菜には注意したい。EUのどっかの国では、ほうれん草に含まれるシュウ酸に出荷制限があったはず。

宗主(シザレイン)

謎の人物。メイリンとミイカの会話で出てきた。今のところ主人公の敵と思われる。

タングステンカーバイド

一般的に超硬合金といわれる合金の代表格。超硬合金は耐摩耗性に優れ、ドリルや旋盤など金属加工の工具によく使われている。超硬合金は、曲げ強さにおいて鋼に劣るのがデメリット。

ポリ窒素

窒素を高熱・気圧で圧縮するとできるポリ窒素。安定した状態で取り出せず、実用化の目処はたっていません。1953年頃、ソビエトがポリ窒素を使った窒素爆弾を開発し、原子爆弾を上回る威力とされ大騒ぎとなったが実在しなかった。当時アメリカの新聞を賑わせた架空の爆弾。その一方で窒素爆弾は有名になり、小説やマンガなど空想の世界で登場するようになりました。

吸血族(ヴァンピール)は壁を走れる

吸血鬼の元ネタ、プラム・ストーカーの恐怖小説『Dracula』(邦題:吸血鬼ドラキュラ)において、ドラキュラは壁を這うことができました。そこから吸血鬼は一般的に壁を歩けるようになったのだと想像します。十字架やニンニクが苦手という特徴もこの小説が元ネタ。

あとがき

以上、ソフトメタルヴァンパイア第1話のネタバレや考察についてでした。

テンポよくストーリーが進むので、スラスラ読めて軽快。人が死んでもアッサリしているのが良い感じです。ちょっとヒーローが汚れだけどね。(汗)

細かい小ネタやトリビアが、アチコチに散りばめられているのですが、残念ながら解説が無いので、用語の意味が分からないもの多いです。

なるべくこのネタバレで拾って解説頑張りたいと思うんですが、化学は‥。

次回第2話も楽しみですね!

次回:『ソフトメタルヴァンパイア』第2話のネタバレ考察と用語解説

もやし男
漫画が大好き。雨の日も晴れの日も引きこもって漫画ばかり読んでいるから色白。 ついたアダ名は「もやし男」。。
好きな漫画は、バカボンド、キングダム、蒼天航路、花の慶次、エアマスター、ゴールデンカムイ、嘘喰い、うしおととら、北斗の拳。
特技は漫画のセリフを暗記すること。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-ネタバレ
-

おすすめ記事

1
無料漫画アプリのランキング!30代におすすめの青年漫画が充実

無料で漫画が読めるアプリって、実は結構多いんです。 どのアプリが良いかなんて分か ...

映画の映写機の写真 2
無限の住人実写映画版、キムタク以外の確定キャストまとめ

※2016年11月7日、最新情報更新しました! 木村拓哉主演で2017年の映画化 ...

3
【最新版】漫画のレンタル最安値!漫喫、電子書籍、宅配、店頭を比較

おもしろい漫画だけど、買うほどでは‥。 でも続きは読みたい。 なんてことは良くあ ...