実在のヴィンランドは、本当に理想の土地だったのか?

地平線まで続くぶどう畑の写真

ヴィンランド・サガでトルフィン一行が目指すことになる、肥沃な大地「ヴィンランド」。

このヴィンランド、架空の土地ではありません。

地名こそ現代には残っていないものの、本当に実在した場所です。

トルフィンが理想の国を作るために目指すヴィンランドとは、どんな場所だったのか?

史実に残っているヴィンランドの姿を紹介します。

スポンサーリンク

レイフ・エリクソンが発見したブドウの地、ヴィンランド

ヴィンランドを発見し上陸したのは、アイスランド出身の船乗り、レイフ・エリクソン。

そう、漫画にも出てくるあのおじいちゃんですね。彼も実在の人物なんです。

レイフの父親エイリークは、グリーンランドを発見し、定住化を進めた人物。

「赤毛のエイリーク」の名で知られ、彼の冒険譚は「赤毛のエイリークのサガ」というアイスランドの文献に記されています。

アイスランドを発見して命名したのもエイリークなんですが、この時は氷しかない場所だと思われて、なかなか入植希望者が現れなかったらしい。

そこで、入植者がたくさん集まるように、新たに発見した土地にグリーンランドと命名したそうな。

未開の土地を次々と開拓し、入植を進めたエイリーク。

息子であるレイフも、見事その父親の血を継いでいたってことですね。

おじいちゃん、実はアイスランドの歴史に残る偉人なのです。

ヴィンランドの発見

ブドウの房が実ったブドウの木の写真

1000年頃、西への航海に出たレイフは、小麦とブドウの実る豊かな大地を発見し、そこを「ブドウの地」を意味する「ヴィンランド」と名付けました。

雪と氷に閉ざされたアイスランド育ちのレイフには、肥沃な緑の土地は楽園にも見えたのかもしれません。

ヴィンランドが現在のどの場所だったのかには諸説ありますが、カナダのニューファンドランド島だったとする説が最有力です。

次いで、アメリカのニューイングランドのあたりだったとする説。

さらに、北米大陸でブドウがなるのはもっと南でしかありえないから、もっと南方だったとする説もあり。

(それブドウじゃなくて、別の植物との見間違いじゃない?というツッコミもある)

なんかね、邪馬台国はどこにあったのか問題みたいな感じですね。

スポンサーリンク

ヴィンランド移住計画を率いた、ソルフィン・カルルセフニ

ヴァイキングの定住地跡とみられる、カナダのランス・オ・メドー遺跡

ヴァイキングの定住地跡とみられる、カナダのランス・オ・メドー遺跡

レイフが発見したヴィンランドへの移住計画を率いたのが、ソルフィン・カルルセフニです。

そう、彼こそはヴィンランド・サガの主人公、トルフィンのモデル!

関連記事)
ヴィンランド・サガのトルフィンは実在の人物!奥さんはもちろん、あの女性≫

ソルフィンは移民船団を率いてヴィンランドに渡り、入植を進めました。

が、ネイティブ・アメリカンと思われる先住民との抗争や本国との距離が問題となって、入植は頓挫。

結局、ヴィンランドは数年で放棄され、この地にアイスランド人が定住することはありませんでした。

カナダのニューファンドランド島、ランス・オ・メドーには、ヴァイキングたちが定住したと思われる跡地が残っています。

ここがヴィンランドだったのか、あるいはヴィンランドへの中継地点だったのかは定かではありませんが、アイスランド人が北米大陸に上陸し、一時生活をしていた確かな証拠になっています。

漫画のトルフィンは、平和な国を作るためにヴィンランドへの航海をしていますが、史実のソルフィンと同じような結末を迎えてしまうのか、はたまた別の展開が待っているのか…

そんなことを考えながらヴィンランド・サガを読んでみても楽しそうですね!

メガネ女子
1人で漫画を読む時間が至福の、友達が少ないぼっち女子。現代物より近未来SF・ファンタジー・歴史系が好きだけど、完結済みのイチオシ漫画はアイシールド21だったりする。今読んでる連載中漫画はゴールデンカムイ、東京喰種、キングダム、ヴィンランド・サガ、乙嫁語り、俺物語など。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-知識

おすすめ記事

mangaicon 1
無料漫画アプリのランキング!30代におすすめの青年漫画が充実

無料で漫画が読めるアプリって、実は結構多いんです。 どのアプリが良いかなんて分か ...

映画の映写機の写真 2
無限の住人実写映画版、キムタク以外の確定キャストまとめ

※2016年11月7日、最新情報更新しました! 木村拓哉主演で2017年の映画化 ...

manga_asort 3
【最新版】漫画のレンタル最安値!漫喫、電子書籍、宅配、店頭を比較

おもしろい漫画だけど、買うほどでは‥。 でも続きは読みたい。 なんてことは良くあ ...