ゴールデンカムイのモデル・元ネタとなった人物まとめ!奇人・変人勢揃い

ゴールデンカムイ - モデルと元ネタ ゴールデンカムイ
この記事は約10分で読めます。

ゴールデンカムイにはたくさんの変人が登場しますね。

そのモデルとなった実在の人物も、やっぱり奇人・変人ばかり。(汗)

「漫画のキャラだから誇張してるんだろうな」と思ってたんですが・・・

いやいやモデルとなった人たちって、漫画のキャラ以上に特異な人たちですよ。(汗)

さらにゴールデンカムイの話のネタとなってるのは、史上稀に見る事件ばかり。

ゴールデンカムイのモデルと元ネタをまとめました。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ 杉元佐一のモデルは?

船坂弘
Photo by 戦史叢書

ゴールデンカムイの主人公、杉元佐一について。

このキャラのモデルは『不死身の分隊長』と呼ばれた帝国陸軍の舩坂弘軍曹かな〜と。

舩坂弘軍曹についてのは、ノンフィクションの人物伝を読んだのですがホント不死身(笑)

ターミネーターに出てくるシュワちゃんを思い出させます。

中身は本当に人間?(;・∀・)

人型決戦兵器なんじゃないかと、誰しも疑うでしょうね。。

いやホント、この人なぜ生きてられるんでしょうね。。

杉元佐一のモデルについては、以下の記事で徹底的に深掘りしてるので、読んでみてください。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ 白石由竹のモデルは?

白鳥由栄
HSGryffindor CC 表示-継承 4.0

ゴールデンカムイのムードメーカーといえば脱獄王・白石。

このモデルはかなり有名なんですが、昭和の脱獄王、白鳥由栄。
(公式Twitterでも白鳥由栄っていう話だったし)

で実在の白鳥由栄さんは、ホントに超人なんですよ。

なんと4回も脱獄しているし、あの網走刑務所からも脱出しているし!

それを可能にしたのが、彼の変態的な身体能力です。

漫画と一緒で関節を外したり戻したりできるそうですよ・・・

その他にもすごい能力やエピソードがてんこ盛り。詳しくは以下の記事にまとめてます。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ 牛山辰馬のモデルは?

牛島辰熊
Photo by ポプラ書房 – 『スポーツ人国記』(published in 1934)

ゴールデンカムイでもっとも豪胆な人物『不敗の牛山』。

柔道家でもある彼のモデルは、牛島辰熊で間違いないでしょう。

名前からしても顔からしても他にいないんですよ。
(こんな濃い顔の人めったにいない)

この人物は誰かと言うと、史上最強の柔道家『木村政彦』の師匠です。

そして戦争前の時代だけあって、修行の仕方が異常。ほんと死ぬ寸前まで稽古するんです。

そのかいあって日本一を決める大会で5連覇。

さらにこの人、憂国の士なので石原莞爾と組んで、東条英機の暗殺計画に加わったりも。

まぁタイーホですけどね。。

この牛島辰熊にみっちり育てられた愛弟子もまたすごい。

愛弟子の『鬼の木村』は柔道界では伝説の人物。15年不敗で13年連続日本一。

これ以上の柔道家はいないそうです。

海を渡りグレイシー柔術を破り、伝説の技『キムラロック』を世界に広めたりとかね。

とにかくとんでもない師弟なんですよ。詳しくは以下の記事にかいてます。

ゴールデンカムイ 二瓶鉄造のモデルは?

山本兵吉
出典:王朝ダウンロード壁紙HDベストコレクション

ゴールデンカムイのイブシ銀『二瓶鉄造』。

死んでなおファンが増え続ける渋さ。

この人物のモデルは、小説『熊嵐』に出てくる銀オヤジだと思います。

そんでこの銀オヤジってのは、山本兵吉という人物をモデルにしてます。

山本兵吉さんは熊うちの名人。障害で300頭ヒグマをとったそうですよ。

それと作者の別の漫画『スピナマラダ!』に登場する監督『二瓶利光』。

こちらのキャラと顔がそっくり、性格も近い・・・

僕も大好きなキャラでした。詳しくは以下の記事に書いてます。

ゴールデンカムイ 尾形のモデルは?

カルロス・ハスコック

ゴールデンカムイで、ベジータ的な立ちまわりをするのが『尾形百之助』ですね。

そんな冷静沈着な尾形上等兵には、『山猫』のあだ名が付いてまわります。

この『山猫』こそが最大のヒント。

『山猫は眠らない』っていうスナイパー映画があったんですよ。

その『山猫は眠らない』に登場する狙撃兵のモデルとなったのが、カルロス・ハスコックという実在の人物です。

このカルロス・ハスコックはベトナム戦争で活躍した、最も有名なスナイパー。

あまりの活躍になんとベトナム軍から3万USドルの懸賞金をかけられたほどの狙撃兵。

彼の”One shot, One kill(一撃必殺)”の概念は今でも米軍に根付いています。

『山猫は眠らない』とカルロス・ハスコックの話については以下でもっとく詳しく書いています。

ゴールデンカムイ 家永カノのモデルは?

H・H・ホームズ

ゴールデンカムイで家永が経営してたホテル。

一度泊まると生きては出られないこのホテルは、なんと19世紀のアメリカに実在してました!

ホテルの経営者の名前は、H.H.ホームズ。

史上名高いシリアルキラーです。

ただしこちらの人物は家永のように美女風ではなくオッサン。

結婚詐欺を繰り返すことで資金をため、あの有名なホテルを建設します。

そしてこのホテルに、漫画にでてきた悪辣なトラップが本当に仕掛けられていたんですよ〜。

ここで口にするのも憚られるような惨劇が・・・詳しくは以下の記事に書いてます。

ゴールデンカムイ 江渡貝くぅんのモデルは?

ゴールデンカムイの中でも際立つ変態皮職人『江渡貝くぅん』。

いやいや考えたくないけど実在のモデルが居るんですよね。

それはアメリカの犯罪史上に残るエド・ゲイン。

これはもはや説明しなくても想像できると思うのですが、本当にヤバイ人です。

例えば江渡貝くんの付けてた手袋とか、アレ実在ですから・・・

ドン引きするような内容なので、詳しく知りたい人だけ以下の記事を読んでて見ください。

ゴールデンカムイ エディー・ダンのモデルは?

エドウィン・ダン

ゴールデンカムイで牧場主として現れたエディー・ダン。

マンガの中ではファンキーで抜け目ない牧場主でしたが、実在のモデルは日本に大きな貢献をしてくれた偉大な人物です。

もともとは北海道開拓の御雇外国人として来日したエドウィン・ダン。

その後、駐日米国行使まで努め、日本人の奥さんをもらって日本に骨を埋めます。

例えば北海道のチーズ、サラブレッド馬などは、この人が始まり。

日本にとてつまんく貢献してくれた人なので、素直にこの人のことは知っておいても良いじゃないかなと思います。

NHKのドラマになりそうな人物です。

ゴールデンカムイ 鈴川聖弘のモデルは?

クヒオ大佐
出典:pptakemaru.blog58.fc2.com

ゴールデンカムイでは、脱獄囚人に占拠されたコタンの冴えない偽村長として登場。

このキャラのモデルは、伝説の詐欺師クヒオ大佐です。

クヒオ大佐は、マンガのキャラよりもはるかにパンチのある実在の詐欺師。

なんといってもプロフィールが、アメリカ軍パイロットでありながらカメハメハ大王とエリザベス女王の血統ですから。

そういう設定で詐欺を繰り返してました。

ちなみに背が低めのふつうの日本人ですwww英語もできないwwwwww。

このクヒオ大佐の話は、なんと堺雅人が主演で映画にもなってます。

まーとにかく面白い話なので、一度読んでみてください。

ゴールデンカムイ 熊岸長庵のモデルは?

ゴールデンカムイで登場の贋作師、熊岸長庵。

マンガのキャラでは完全に冴えないオッサンでした。

本編中では贋札作りが得意な囚人となってます。

でこのモデルとなったのが藤田組贋札事件の犯人とされた熊坂長庵。

熊坂長庵は、日本画家でもあり医師でもあり教師でもあったインテリ。

この人は冤罪であったという噂もあります。

ゴールデンカムイ 鶴見中尉のモデルは?

須見連隊長
出典:川又地区の戦い 第26連隊の死闘 ノモンハン事件現地取材2010夏 その

ゴールデンカムイの怪人、鶴見中尉。

その頭脳は一部欠けながらも、非常に明晰でカリスマのある人物です。

そんな鶴見中尉のモデルは、須見新一朗陸軍大佐かなと思います。

第七師団の歩兵第26連隊長も努めたことがあるので、歩兵第27連隊長を努めている鶴見中尉には非常に近い人物ですよね。

以下の記事にも、須見新一朗大佐の活躍をすこし載せています。

ゴールデンカムイ 永倉新八

永倉新八
前列中央で槍を持っているのが永倉新八

ゴールデンカムイに登場の永倉新八。

新選組では2番隊の隊長をつとめたほどの腕前です。

かの池田屋事件などにも参加しており、新選組のコアなメンバー。

その後の戊辰戦争で生き残った、数少ない新選組の幹部でもあります。

戦後は北海道の刑務所で剣術師範をつとめ、その後は東京で剣術道場を開きました。

晩年は小樽に移り住み、悠々自適の老後だったそうですよ。

ゴールデンカムイ 土方歳三

土方歳三

土方歳三については、語る必要がありませんね。

誰もが知ってる新選組の鬼の副長です。

で、なんで彼がゴールデンカムイに登場したのかをちょっと考えてみました。

土方歳三は、五稜郭での政府軍との決戦のさい戦死したと言われています。

でも遺体が見つかってないんですね。

ですので実は生きていたんじゃないかという、みんなの期待が込められた逸話が展開されるわけです。

生きていたらこんなカッコイイ爺さんだったかもしれませんね。

ゴールデンカムイ 第七師団の元ネタは?

ゴールデンカムイに登場する旧帝国陸軍の第七師団。

マンガでも紹介されてますが、第七師団は北海道の守りを預かる重要な部隊でした。

北鎮部隊ともいわれています。

最強と言われる理由は、日露戦争での激戦地。

かの有名な203高地の争奪戦において活躍したからではないかと思われます。

旅順攻囲戦における第七師団の活躍は以下の記事に書いています。

ゴールデンカムイ 谷垣の出身マタギとは?

マタギの写真
↑マタギの写真

ゴールデンカムイのお色気担当、マタギの谷垣。

谷垣の出身地である秋田県阿仁は、本当にマタギの里して有名な土地です。

現代においてもリアルに熊がでて、それを生業にするマタギさんも実在してます。

独自の生業と文化をもつマタギについて、以下の記事でまとめています。

ゴールデンカムイ アイヌの金塊の元ネタは?

ゴールデンカムイそのものにも、元ネタがあると思ってます。

というのも北海道には、いくつかアイヌが関わっている埋蔵金伝説があるんですね。

そもそも明治時代に、北海道はゴールドラッシュに沸きました。

北海道では砂金が採れる川がいくつもあり、ザクザク砂金採りができたんですね。

※今でも少量な取れることがあるらしい。

北海道のゴールドラッシュの話と、アイヌの埋蔵金伝説について以下の記事でまとめてます。

まとめ

ゴールデンカムイには、次々と奇人変人が登場しますね。

しかしそのキャラたちには実在のモデルが存在するという・・・

漫画を楽しむだけでなく、背景にあるネタを楽しむことができるのもゴールデンカムイの魅力ですね。

ゴールデンカムイの本編はいよいよ佳境。

どういうストーリー展開になるのか、ますます目が離せません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました