ゴールデンカムイ 105話のネタバレ考察。飛んで火にいる・・

2017/03/26

ゴールデンカムイ第105話「夏の虫」のネタバレ考察です。

は、アシリパさんは実はヘビが苦手。そんなアシリパさんをからかっていたら、アイヌ伝説のヘビ「夏にいわれぬもの」が現れた。杉元の顔が、伝説通り悪臭で腫れ上がる。次回、杉元の腫れは引くのか!?ということろでした。

前回:ゴールデンカムイ 104話のネタバレ考察。アイヌ伝説、夏に言われぬ者とは?

は、杉元達の話はちょっとだけで、稲妻強盗達の賭場荒らしの話がメイン。稲妻強盗達と組んで夏太郎は無事生き残れるのでしょうか!?亀蔵にはマンガ的にも死相が出てますよね‥(汗)

さて、このあと105話の考察とかしていきますが、大いにネタバレするので、気になる人は先に本誌を見てください。

それでは、あらすじから見ていきましょう。

スポンサーリンク

第105話のあらすじ

「アマニュウだ」

「樺太ではこの草をヘビが嫌うといわれているので
帯や襟に挟んだり手にこすりつけたりする」

でアシリパさんを見ると、バンダナと懐にアマニュウ挿しすぎ(笑)

◆白石の目がヤバイ。

白石の頭が倍くらいに膨れている。目つきもおかしい。

マムシの主かもと語るアシリパさんの顔からは、こすりつけたアマニュウの香りがぷ〜んと漂っている。

扉絵は稲妻強盗とお銀が、崖っぷちで強盗している図。副題に「ナチュラル・ボーン・キラーズ!!!」

「ウエペケレ(民話)では、マムシは盗賊が死んだ魂の成れの果てといわれている」

とアシリパさん。

<ナレーション>
蛇は元々天上に住んでいて凶悪な性質だった
やがて地上が作られ火の神アペフチカムイが天上から下りる時
蛇は一緒に降りたくて懇願した
火の神は自分と一緒に行けば焼け爛れてしまうからと
断ったが蛇は聞かなかった
「どんなに苦しくても死んでもいいから連れて行ってください」
蛇は稲妻に乗って地上へ飛び降りた

このとき扉絵からの続きで、稲妻強盗がお銀を背負って崖から飛び降りた。

飛び降りた先は海。警察や武装したハンターが崖まで迫っていた。

<ナレーションの続き>
雷の神様カンナカムイは蛇の神様でもあり
同一視されている
飛び降りた速力があまりに早く
地上に大きな穴が空き蛇はそこにすまうようになった。
その穴は地獄まで続いており
蛇が人間に姿を見せるときは
何か危害を加える時なので注意しなければならない

油問屋付近

賭場に来ている客ごと襲うつもりの稲妻強盗とお銀。

いきなりディープキスからおっ始める二人。

漏れる声がデカイから賭場の見張り二人が寄ってきた。

「うるせから他所でやれよ〜」

すると瞬く間に見張りを始末するお銀と稲妻強盗。アイスピックでぶっすり。

「こいつら頭がぶっ飛んでる こんなのと組めるかよ」

「これっぽっちも信用してねさ」

亀蔵と夏太郎の会話。

そして夏太郎は、稲妻強盗が網走監獄24人の脱獄囚の1人だと知っていた。

油問屋の刺青人皮と稲妻の刺青の2つを狙う夏太郎だが・・

賭場荒らし

賭場を仕切るヤクザが、稲妻強盗のショットガンで頭を吹っ飛ばされる。

店主はお銀に捕まり奥に連れて行かれ、刺青人皮を差し出した。

「あったよ慶さん」

お銀が奥で叫ぶと、夏太郎はお銀に銃を向けて、

「他にも持ってるのか?」

と聞いた。

一方賭場では・・

「飛んで火にいる夏の虫」

賭場の客は、実は第七師団だった。

客として頭巾を被っていた二階堂が、頭巾を脱ぐと皮ヘッドのチクビがピンッ。

この描写いるのか?(笑)

ズズズ ズズズズ

ジョジョのような効果音で、暖簾を分ける手が伸びてくる。

ズゥパァァァァアァ

やっぱりジョジョ風な効果音と立ち位置で鶴見中尉が参上。なぜか儀礼服を着っぱなし。

「建物は包囲した」

鶴見中尉は稲妻に取引を持ちかける。稲妻の皮は剥がさせてもらうが、他に刺青人皮を持っていて差し出すなら、女房だけは殺さないでやってもいいという条件だ。

「あんたお銀がどんな女か知らねえのさ」

とっさに亀蔵を盾にして、戸に向かって駆け込む稲妻。

亀蔵はハチの巣。やっぱり早死だったか(笑)

そしてなんと戸を利用して、蔵が吹き抜けになっているのを利用し、2階の梁に飛びついた。

階段から2階に駆け上がる第七師団。

「鯉登少尉 先走るなッ」

階段には夏太郎とお銀が油をまいていた。

「きえええええッ(猿叫)月島あッ」

四つん這いで階段を滑り落ちてくる鯉登少尉。

月島は醒めた真顔で、落ちてくる少尉を見つめていた。

◆MA・GA・O!!!
次号、そういうとこだぞ!鯉登!

ということろで今回はオシマイ。

また怒られるのが決定した鯉登少尉(汗)

今回も怒涛の展開で一瞬で読み切ってしまいました。

それでは気になったポイントを考察したり、背景を見ていきましょう。

スポンサーリンク

第105話の考察、背景

アマニュウ

アマニュウは高山や海岸に生える多年草。北海道から四国まで広く分布。セリ科の植物で日本の固有種。

「ニュウ」がアイヌ語由来で、食用になるものの意味。茎が甘く食用になるので、和名がついて「甘ニュウ」=「アマニュウ」となった。

食べ方は天ぷらにしたり、煮物にしたりするらしい。アクがつよそうですね。

姿形を覚えておけば、イザというときのサバイバルに役立つかも?

アペフチカムイ

「アペ」はアイヌ語で火、「フチ」は知っての通り老婆、「カムイ」は神の意味。アペフチカムイは老女の姿をした火の神様で、囲炉裏の中に住んでいるという。

アイヌの家の中では最も崇高な神様。地方に寄っては、チセコロカムイという家を司る神と夫婦になっていたりも。

囲炉裏の神様ってホンワカしてそうで、いい感じですね。ちなみにネットで検索すると、カードゲームやらの影響で、露出の激しい萌えキャラが。(^_^;)

老婆っていう前提はどうした(笑)

あとがき

以上、ゴールデンカムイ第105話のネタバレ考察でした。

今回もスピーディーな展開で、見ているこちらもハラハラするようなアクション漫画になってます。

なぜか稲妻が西部劇のカウボーイ風な扱いでワイルド(笑)

そして誰もが思った通り早死した亀蔵。

夏太郎はなんとなく生き残りそうですね。なぜならイケメンだからw

みなさんどのように感じたでしょうか?

それでは、次回ゴールデンカムイ第106話も楽しみですね。

もやし男

漫画が大好き。雨の日も晴れの日も引きこもって漫画ばかり読んでいるから色白。 ついたアダ名は「もやし男」。。
好きな漫画は、バカボンド、キングダム、蒼天航路、花の慶次、エアマスター、ゴールデンカムイ、嘘喰い、うしおととら、北斗の拳。
特技は漫画のセリフを暗記すること。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

FOD宣伝

★ゴールデンカムイのTVアニメ放送中!★
夜遅くにTVを見られない人、見逃した人。
好きな時間に観られるFODプレミアムがオススメ。
» 1ヶ月無料!FODプレミアム

-ネタバレ

おすすめ記事

1
無料漫画アプリのランキング!30代におすすめの青年漫画が充実

無料で漫画が読めるアプリって、実は結構多いんです。 どのアプリが良いかなんて分か ...

2
ヤムチャで人生やり直し?「転生したらヤムチャだった件」のネタバレ紹介!ネタが深くて面白い

ある日、ヤムチャに転生してしまったら・・・。 そんな斬新な設定が魅力の「転生した ...

3
【最新版】漫画のレンタル最安値!漫喫、電子書籍、宅配、店頭を比較

おもしろい漫画だけど、買うほどでは‥。 でも続きは読みたい。 なんてことは良くあ ...