ゴールデンカムイ 114話のネタバレ考察。エチンケのお味は?

ゴールデンカムイ第114話「エチンケ」のネタバレ考察です。

は、念願の叶った姉畑先生だったが、ついに力尽きてしまいます。しかしその死に様は激しくも心打つものでした。全てが終わったあと、谷垣はフチが見た夢をアシリパさんに伝えます。そしてアシリパさんは決意を新たにします。

前回:ゴールデンカムイ 113話のネタバレ考察。姉畑先生ついに逝く

は、一件落着の宴会のあと、谷垣たちも加わって釧路へ。そして釧路の海外ではフチの15番目の妹が待っていて、エチンケ狩りに駆り出される杉元と白石。白石の活躍もあって無事エチンケを捕らえたが…お味の方は?

さて、このあと114話の考察とかしていきますが、大いにネタバレするので、気になる人は先に本誌を見てください。

それでは、あらすじから見ていきましょう。

スポンサーリンク

第114話のあらすじ

扉絵は久々登場の二瓶鉄造と湯たんぽリュウ。そして二瓶さんの決めゼリフが炸裂。

◆集まる刺青 向かう網走。

「インカラマッちゃん なんかおごってぇ〜?」

白石がインカラマッにたかっている。

「生粋のヒモですね」

コタンで

そのころ、杉元達はまだコタンにいる。

白石たちには釧路の街で待つように伝えている。

「銃も壊れたし修理に出さないとな」

杉元がつぶやくと…

「銃身に水が入った状態で撃つとはな…
軍隊で何を教わってきたのか」

尾形のイヤミにキッとなる杉元。

尾形の持っている最新式の小銃は、杉元が気球に乗るときに奪い取ったやつだから返せと杉元は言うが。

「これは三八式歩兵銃だ」

「この表尺を見ろ2400米まで目盛りがあるな?
お前の三十年式は2000米まで…」

「この銃から採用された尖頭弾の三八式歩実包なら2400米先にまで弾が届く……」

「だから何だよ」

遠回しな話に杉元がキレる。

「お前が使っても豚に真珠ってことだ」

それが言いたかったんですね(笑

谷垣はどうする?

「谷垣ニシパ…どうしてお前はその古い銃を持っている?」

「杉元たちみたいな銃のほうが新しくて使い慣れてるだろ?」

アイヌの若い男(キラウシニシパ)は、二瓶の銃を持っていなかったら今回のことに巻き込まれなかったと話す。

だが谷垣は、二瓶鉄造が自分を兵士からマタギに戻してくれたし、獲物を撃つときの心の持ち方を忘れないために持つことにしたと答える。

「勝負は常に最初の一発で決めろ」……か?

キラウシニシパは、10年以上前、二瓶鉄造と一緒に猟をした。ほとんどの猟師が、銃床を切り詰めて改造された軍用銃の払い下げを使っていたのに、二瓶は使っていなかったそうだ。

当時の二瓶が語るには、二瓶には娘はたくさんいるが息子はたった一人だった。そのたった一人の息子が日清戦争で使っていた銃がこれで、二瓶の息子の戦友が届けてくれたようだ。銃床の傷は敵を打つたびに刻んでいたもので、7つ目の傷で、刻むのが止まっていた。

「殺した責任を背負い込むような甘ったれは
兵士なんぞにならないで俺と熊撃ちをしていれば良かったんだ」

当時の二瓶の言葉にしんみりする谷垣と湯たんぽリュウ。

「谷垣はこれからどうするんだ?」

杉元が話しかける。

「アシリパを無事にフチの元へ帰す
それが俺の役目だ」

キラウシニシパが出発前に熊汁を出してくれた。

「ヒグマの肉で作ったカムイオハウだ」

姉畑先生の絶頂シーンが脳裏に浮かぶ。

「悪いが急いでる!!世話になったぜキラウシ!!達者でな!!」

釧路

<釧路町>
漁村から始まった歴史の浅い町だが
明治末期には人口が一万六千人を超え
怒涛の拠点都市に成長していた

「谷垣ニシパ!!」

「無事だったか」

インカラマッと白石が迎える。

「ケガは無いですか?ずっと心配してました」

谷垣に触れるインカラマッ。

「おれは大丈夫だ」

「あれあれ?どういうこと?」

杉元がニヤニヤして言う。

「オイおまえら…結婚しろッ」

アシリパさんが顔面作画崩壊で突っ込む。

美少女になりきれないアシリパさん(笑

釧路の海辺で

釧路の海岸で、尾形以外は腕を組んでジャンプ。

海岸のコタンに住むフチの15番目の妹である、アシリパさんの大叔母が迎えに来た。

「エチンケ!エチンケ!」

「婆ちゃん何だって?」

「エチンケは海亀のことだ
頭を出して呼吸してるのが遠くに見えたって」

大叔母の旦那さんが舟で取りに行かないかと誘っている。

「海亀猟?
わざわざそんなことしなくても…
インカラマッちゃんに奢ってもらおうぜ」

「アシリパさん海亀食べたいの?
どうしてもってわけじゃないならやめようよ」

嫌な予感がしている白石と杉元。

海亀はアトゥイコロエカシ(海を司る翁)ともいわれて、アイヌが海で獲るカムイの中で一番大切にされている。レプンカムイ(シャチ)は海で一番偉いカムイだけど食べるためには獲らないようだ。

「姉畑支遁は大叔母たちも暮らすこの釧路でカムイを穢して回った
海のカムイも丁重に送って立ち去りたい」

アシリパさんは、自分の父親かもしれないのっぺら坊が、囚人たちを脱獄させたせいでこんな事態になったことに責任を感じているらしい。

それを聞いて獲りに行こうとなった杉元。

ついでに白石も駆り出される。

海亀猟

「いたぁ!!エチンケだ!!息吸ってる」

「あの頭クンネ・エチンケか
フレ・エチンケかどっちだ?杉元!!
フレ・エチンケは肉がくさいんだッ」

「見てもどっちかわかんねえよ」

「クンネ・エチンケは甲羅が分からかいから背中にキテ(銛)を刺せ
フレ・エチンケだったら甲羅が硬いから首のうしろに刺すんだぞ白石ッ

「何で俺がやんの?」

クンネ・エチンケだったから銛を投げる白石。当然外れる(笑

「潜って逃げられるッ
縄を腰に結んで飛び込めシライシ」

「えええええ?」

縄をつけて飛び込んで海亀を捕まえた白石。

「エチンケ」

近づいたところでじいちゃんが、白石の頭をオールで叩く。

「じーちゃんそれ亀じゃないよ!!」

長い前フリだったけど、これがやりたかったのか(笑

そして、アイヌには亀が獲れたことを陸の人に伝えるしきたりがあるようだ。

クンネ・エチンケの料理

「クンネ・エチンケはおなかの甲羅も食べる」

「甲羅は細かく刻んで肉と一緒に煮込む」

「汁の味付けとして海水を水で薄めて昆布や干し魚でだしを獲る」

「砂浜で採ったオカヒジキも汁物に入れよう」

旨そうなクンネ・エチンケのオハウが出来上がった。杉元が食べた感想を語る。

「甲羅は…なんというか硬めの高野豆腐みたいだな
肉の方は鶏肉みたいであっさりして美味しいよ」

「フレ・エチンケは肉食だから臭いけど
クンネ・エチンケは海藻しか食べないから肉にくさみがない」

「クンネ・エチンケで良かったね」

白石が感想をいって、ウフフあははモードで日が暮れる。

バッタがバッタバッタ

シーンは変わって杉元たちが去った後のコタンで、バッタがキラウシニシパの肩にとまった。

「オンネ・シペシペッキ(トノサマバッタ)か」

「ハイイイッ咬まれた」

「え!?なんだ?この数は…」

◆バッタバッタと増え続け…。

次号、北の大地の大災害。

でオシマイ。

今回も怒涛の展開で、そしてページ数が多かったですね。

ストーリー的に重要なものはなく、エチンケを獲って喰っただけの話ですが(笑

最後にトノサマバッタが大量発生。ついに姉畑先生のご乱行が、災いを招いてしまったんでしょうか!?

それでは気になったポイントを考察したり、背景を見ていきましょう。

スポンサーリンク

第114話の考察、背景

クンネ・エチンケ(アオウミガメ)

アイヌ民族博物館で調べたところ、クンネ・エチンケは黒い亀で、アオウミガメのこと。

アオウミガメ(英名Green Sea Turtle)の由来は、脂肪が緑色だから。これは餌の色素が影響しているらしい。主な食事は海草や藻類。体調は80〜100cm、体重は70〜230kg。

味は鶏肉のような味がするらしい。

ワシントン条約に記載され、絶滅危惧種にも分類されているので、国際取引が禁止され、ほとんどの国では捕獲禁止となっている。

ただ発展途上国では食糧事情から、海亀を食べているところもあるらしい。太平洋の離島では昔から食料として利用され、大航海時代には船乗りが食用として食べていた。このころから絶滅が始まる。

日本では小笠原諸島で、年間135頭の食用目的のウミガメ漁が認められているので、どうしても食べたい人は小笠原諸島に行くと食べられます。

ウミガメの寿司、味噌煮込み、チャーシューなど、結構美味しいらしいですよ。

フレ・エチンケ(アカウミガメ)

フレ・エチンケは赤い亀で、アカウミガメのこと。

アカウミガメの由来は、甲羅の一部が赤褐色だから。英名のLoggerheadは、身体に比べて頭がデカイから。雑な命名ですねw

主な食事は貝類や甲殻類。体調は65〜100cmで、体重は70〜180kg。臭くて美味しくないから食べないようです。

アオウミガメと同様に、ビニールゴミや食用、剥製用などの影響により生息数は減少しているとのこと。やっぱり絶滅危惧種に分類されてます。

あとがき

以上、ゴールデンカムイ第114話のネタバレ考察でした。

今日はウミガメ漁とウミガメ料理を楽しむ回になってますね。アイヌの料理が紹介されるたびに味が気になってしょうがない。

そろそろ、食べたときに口の中が光ったり、七星刀がでてきたり、特級面点師が出てきてもいいんじゃないかと(笑

最期のシーンでトノサマバッタが大発生していますが、あれは姉畑先生が招いた禍でまちがいない。

次回は蝗害(イナゴの大発生)による災害の話ですね。

次回ゴールデンカムイ第115話が待ち遠しいです!

▶ ゴールデンカムイ登場キャラの実在モデル一覧。こんな奇人・変人が実在したなんて!!

▶ ゴールデンカムイに登場した動物達。強くたくましい北海道の野生!

▶ ゴールデンカムイのマメ知識やトリビア。物語の背景が分かるともっと楽しく読める!

もやし男

漫画が大好き。雨の日も晴れの日も引きこもって漫画ばかり読んでいるから色白。 ついたアダ名は「もやし男」。。
好きな漫画は、バカボンド、キングダム、蒼天航路、花の慶次、エアマスター、ゴールデンカムイ、嘘喰い、うしおととら、北斗の拳。
特技は漫画のセリフを暗記すること。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

FOD宣伝

★ゴールデンカムイのTVアニメ放送中!★
夜遅くにTVを見られない人、見逃した人。
好きな時間に観られるFODプレミアムがオススメ。
» 1ヶ月無料!FODプレミアム

-ネタバレ

おすすめ記事

1
無料漫画アプリのランキング!30代におすすめの青年漫画が充実

無料で漫画が読めるアプリって、実は結構多いんです。 どのアプリが良いかなんて分か ...

2
ヤムチャで人生やり直し?「転生したらヤムチャだった件」のネタバレ紹介!ネタが深くて面白い

ある日、ヤムチャに転生してしまったら・・・。 そんな斬新な設定が魅力の「転生した ...

3
【最新版】漫画のレンタル最安値!漫喫、電子書籍、宅配、店頭を比較

おもしろい漫画だけど、買うほどでは‥。 でも続きは読みたい。 なんてことは良くあ ...