ゴールデンカムイ第93話のネタバレ考察。白石は・・まあいいかww

2017/03/26

ゴールデンカムイ第93話「カムイコタンのネタバレ考察です。

は、谷垣一家の旅もちょっと出たけど、メインはアホの白石をどう奪還するかという話でした。

しかし土方&キロランケの奪還作戦は上手く行かず、白石のボケに引きずられてショートコントに(笑)。最期は土方がカムイコタンの吊橋で、1人待ち構えるところで終了しました。

は、吊橋をやっぱり切っちゃう‥?。

さて、このあと93話の考察とかしていきますが、大いにネタバレするので、気になる人は先に本誌を見てください。

それでは、あらすじから見ていきましょう。

スポンサーリンク

第93話のあらすじ

扉絵は滝で水を手ですくっている白石を、杉元が押そうとしている図。「押すなよ!」って白石が言ってるのは、今は懐かし熱湯コマーシャルの上島っぽい。(笑)

カムイコタンの吊橋の上で土方の姿を認め、白石は緊張して構える。

土方は吊橋をズバッ!あーやっぱり吊橋切ったよ!

そして白石と兵隊数名は石狩川にドブン。

ここでナレーション…川の最深部が70mあることと、神居古潭おう穴群は、ニッネカムイ(魔神)と神々の戦いの跡というアイヌの伝説がある。

キロランケ登場。溺れそうな白石を、アイヌの木皮舟ヤラチプ(※ラとプは小文字)で迎えに来た。

舟を作っている回想シーンに変わり、土方と重要な会話が交わされている。

土方は質問する。

アムール川でもそうやって木皮舟を作ったのかね?」

「どうして故郷を捨て北海道へ渡ってきた?」

「それとも…帝政ロシアに追われて来たかな?のっぺらぼうと」

キロランケは沈黙している。

「のっぺらぼうの本当の名前は知っているか?」

今回の土方の質問は、キロラケの正体に迫る重要な会話っぽい。

ここでシーンは戻り、白石の前にキロランケが。

もうすこしで白石の手が、キロランケに届きそうなとき…白石は杉元に突き刺される悪夢を思い出して愕然とする。

そして白石は自力で川岸に這い上がったが、そこには第七師団の姿が既に。

旭川から25km手前の深川村で、全員で相談しているシーン。

「おそらく白石はいまごろは旭川へ着いてしまっているだろう」

土方は白石を待っているワケにはいかないという。永倉や家永もネガティブな意見だ。

尾形は脱走兵扱いで見に行けない、キロランケはカムイコタンで顔を見られた。

ここで全員、白石のドヤ顔を思い出し‥

「まぁ・・・いいか・・・」の結論にwwww

白石の入墨は写してるから要らない子みたいだww

しかし、杉元は助けたかった。

「この詐欺師を使おう」

出番ですよ。

で今回はお終い。

一番怖くて優しいのは、意外に熱い男、杉元でした。

あらすじを確認したところで、ネタバレ考察です。

スポンサーリンク

第93話のネタバレ考察、背景

カムイコタンを流れる渓流

前回の考察で書いたことが出てきました。カムイコタン(神居古潭)を流れる渓流の、最深部は水深70m。前回も書いたけど、事故を起こした列車の車両が沈んでいるって伝説が残ってたりします。

カムイコタンは、神秘的な雰囲気がするので観光にオススメ。

アムール川

全長4,368kmで世界8位の大河。中流部はロシアと中国の境界になっていて、中国名は黒竜江。

アムール河はその自然豊かな環境から、外洋海水の100万倍の濃度の鉄が含まれています。しかし近年は、森林伐採や火災、ダムの影響でこれらは減少している。

アムール河を流れる栄養は、オホーツク海を通して最期は知床に届きます。なので北海道にも影響のある大河。もちろん中国を通ったときに汚されてるけど。

参考:魚附林の地球環境学 親潮・オホーツク海を育むアムール河

帝政ロシア(ロシア帝国)

1547〜1917年まで存在した大帝国で、西はフィンランド・ポーランド、東はアラスカまでが領土(世界の陸地の1/6)でした。

最後の皇帝はニコライ2世。日露戦争は1904〜1905年だから、日露戦争時の皇帝でもあります。この皇帝の下で活躍?するのが、かの有名な怪僧ラスプーチン

もしかしたら登場したり・・しないか。

キロランケの正体は‥?

一部では裏切り予想されているキロランケ。今回も土方との会話の中で意味深な場面がありましたね。今のところヒントは「アムール川を渡ってきた」とうことだけ。コサックとか噂もあるけど、まだまだ情報不足ですね。

キロランケをアイヌ語で調べてみると‥

キロ=山
ランケ=~をおろす

ヤマオロシ → 山颪(妖怪) →  ヤマアラシ?

なんて考えてみるけど、未だよく分かりません。今後明らかになっていくキロランケの正体に注目です。

あとがき

以上、ゴールデンカムイ第93話のネタバレ考察でした。

怪しさを増したキロラケ。その正体を探るには未だ情報不足です。

そして意外に杉元は友達思いだった?

次回94話ではいよいよ伝説の詐欺師・クヒオ大佐こと、鈴川聖弘くんの出番です。

クヒオ大佐についてはこちら↓
ゴールデンカムイ鈴川聖弘のモデルは、伝説の詐欺師クヒオ大佐か?

このあと白石が無事救出され、杉元と白石の友情?が深まるシーンがあるのか楽しみですね。

前回:『ゴールデンカムイ』第92話のあらすじ、ネタバレ考察

次回:ゴールデンカムイ 94話のネタバレ考察。良かったねっ二階堂!

もやし男
漫画が大好き。雨の日も晴れの日も引きこもって漫画ばかり読んでいるから色白。 ついたアダ名は「もやし男」。。
好きな漫画は、バカボンド、キングダム、蒼天航路、花の慶次、エアマスター、ゴールデンカムイ、嘘喰い、うしおととら、北斗の拳。
特技は漫画のセリフを暗記すること。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-ネタバレ
-

おすすめ記事

1
無料漫画アプリのランキング!30代におすすめの青年漫画が充実

無料で漫画が読めるアプリって、実は結構多いんです。 どのアプリが良いかなんて分か ...

2
ヤムチャで人生やり直し?「転生したらヤムチャだった件」のネタバレ紹介!ネタが深くて面白い

ある日、ヤムチャに転生してしまったら・・・。 そんな斬新な設定が魅力の「転生した ...

3
【最新版】漫画のレンタル最安値!漫喫、電子書籍、宅配、店頭を比較

おもしろい漫画だけど、買うほどでは‥。 でも続きは読みたい。 なんてことは良くあ ...