ゴールデンカムイ 94話のネタバレ考察。良かったねっ二階堂!

2016/10/25

ゴールデンカムイ第94話「機能美」のネタバレ考察です。

は、全員一致で白石はまぁ・・いいか・・と見捨てる判断をしたが、以外にも杉本は救おうと言い出す。いよいよコタンから連れ立っている詐欺師の出番ですよ、ということろで終了。かぶりものを妙に上手く描く作者が、いったいどんな変装を描くのか楽しみにしていたのですが‥。

は、詐欺師の出番と思いきや、右足を失った二階堂の出番でした。

さて、このあと94話の考察とかしていきますが、大いにネタバレするので、気になる人は先に本誌を見てください。

それでは、あらすじから見ていきましょう。

スポンサーリンク

第94話のあらすじ

扉絵は、白石が磔になっているところ。そして「(救けなくても)まぁ・・・いいか・・・」のサブタイトル(笑)。

第七師団の療養所から始まります。

二階堂は小瓶を掴んで離さない。月島軍曹と医者は手こずっている。

そこへ鶴見中尉が、花?草?の束を持って登場。

相変わらず何考えてるんだ(笑)。

二階堂が離さなかった小瓶はモルヒネだ。

<モルヒネの解説>
アヘンから抽出される鎮痛剤で強力な依存性がある。モルヒネを生成するとヘロイン

そして全員からダメ出しをくらう二階堂。二階堂は右足を失ってブツブツつぶやく。

鶴見中尉の「ダメだ二階堂ッダメダメッ!!」のアクションが入る。

この鶴見中尉の動き、何か元ネタありそうだけど、何だかわからない‥ウーン…。

すると療養所の前に謎の紳士が。

誰かと尋ねると・・天才的銃器開発者、陸軍中将・有坂成蔵だった。

<三十年式小銃の解説>
別名「有坂銃」とも呼ばれ、日露戦争を勝利へ導いたといわれる

有坂中将が鶴見中尉に会いに来たことに畏怖を感じる月島軍曹。

有坂は、寒冷地に適したケシの栽培が軌道に乗ったか質問する。イギリスが手放しつつある満州のアヘン需要を満たすので、アヘンは儲かると大きな声で二人は話している。

有坂がやってきた目的は、最新の国産銃器を見せるためだ。有坂の部下・南部君が設計した三八式機関銃(さんぱちしき)と三八式歩兵銃を見せる。

鶴見はうっとりと、美しい銃を褒め称える。

<三八式歩兵銃(さんぱちしき)の解説>
世界的にも優秀と評価され、後の第一次世界大戦では大量に輸出される。
大成功した「商品」だった。

「だが沢山売れればたくさん人が死ぬ!!私の兵器で‥。つくづく呪われた仕事だ!!」有坂は叫ぶ。

しかし鶴見は擁護する。「美と力は一体なのです」機能美を追求した美しいものは肯定すべきだと。二十八珊米(センチメートル)榴弾砲も美しい兵器だったと。

二十八珊米榴弾砲の援護射撃が、敵味方の区別なく若い男達の体を引き裂き、臓物と血の雨を降らせ、私はその血の雨の中を走り、圧倒的な力が生みだす美しさだったと語る鶴見中尉。

鶴見の頭はどうかしていると有坂が楽しげに喋ると、「前頭葉が吹き飛んでおります」で返す鶴見中尉。ガハハハ・・楽しそうな二人(笑)。

どうやらケシの栽培と武器の製造で北海道を経営するつもりのようだ。

鶴見はヒグマに襲われた二階堂の話を持ち出す。「美しい生き物だった」と二階堂が言っていた話をし、有坂にお願いをする鶴見中尉。

二階堂にお客様が来たぞと、案内する鶴見中尉。

「どうぞお入り下さい」

で入ってきたのは‥・なぞのオカマ!?

アレッ誰この人?有坂中将じゃないの?(笑)と思っていたら。。

二階堂も「誰?この人」。

鶴見中尉も気が付いた。「誰だお前!!」本当に関係のないオカマだった‥。

そのあと来たのは有坂中将。贈り物を持ってきてくれた‥それは義足

二階堂はため息を付いて「なんだ義足かぁ」。

すると有坂は、イキナリ義足の足裏から散弾発射www

えっ、散弾撃てるの!?

散弾が2発入る近距離戦闘ようの仕込み義足だ。これはヤバそう、誰が犠牲になるのか・・。

医者に「お前ら病院でなにやってんだー」と怒られるが、アッハッハーにこやかな雰囲気。

素敵な足をもらえてよかったネ 二階堂!!

と義足を持ってみんなでポーズ。

どうかしてるぜ‥で今回は終了。

今回はなんていうか、ゴールデンカムイの真骨頂である変態描写がよく出ていたなと思います。こういうちょっと逝っちゃてるような人間性を書くのが上手いですよね。

あらすじを確認したところで、考察と背景をみていきましょう。

スポンサーリンク

第94話の考察、背景

陸軍中将 有坂成蔵

有坂成章

モデルになっているのは、陸軍中将・有坂成章。帝国陸軍初の制式小銃となった三十年式小銃を開発した人。日露戦争では三十年式歩兵銃と有坂砲の活躍により、日本が勝利したといわれた。

三十年式小銃「有坂銃」

日露戦争において帝国陸軍の主力となった小銃。威力こそ低いが、当時の世界水準を上回る完成度。三十年式小銃以降〜第二次世界大戦終了までの日本軍の小銃を、欧米ではArisaka rifleと呼んでいる。

三八式歩兵銃

日露戦争が終わった後に採用され、第二次世界大戦における帝国陸軍の主力となった小銃。

第二次世界大戦までは、イギリス海軍、ロシア帝国陸軍、フィンランド陸軍でも使用されていた。第二次大戦後も大韓民国、中国、タイ王国、カンボジアで使用されたほどメジャーな小銃。

第一次世界大戦では大量に輸出され、イギリスへは2万丁、ロシアへは35万6千丁が売却された。ロシアはその後代金を踏み倒した

どうでもいいけど、ロシアってのはホント‥日ソ不可侵条約、シベリア抑留、北方領土、樺太。いつまでコケにされるのか。

正体不明のオカマ

これ誰なんだろう‥。なんとなくマツコ・デラックス?

流石に今回は誰だか分からなかった。(汗)

あとがき

以上、ゴールデンカムイ第94話のネタバレ考察でした。

今回は登場人物みんな逝っちゃってる感じがよく出てますね。(汗

二階堂がドンドン改造人間みたいになってくけど、これはやられるたびに改造されてパワーアップするヤラレ役路線に突入してしまったんだろうか?次に失うのは左手とかかな・・。

次回、第95話が楽しみですね。

前回:ゴールデンカムイ第93話のネタバレ考察。白石は・・まあいいかww

次回:ゴールデンカムイ 95話のネタバレ考察。鈴川が変装したのは・・

もやし男
漫画が大好き。雨の日も晴れの日も引きこもって漫画ばかり読んでいるから色白。 ついたアダ名は「もやし男」。。
好きな漫画は、バカボンド、キングダム、蒼天航路、花の慶次、エアマスター、ゴールデンカムイ、嘘喰い、うしおととら、北斗の拳。
特技は漫画のセリフを暗記すること。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-ネタバレ
-

おすすめ記事

mangaicon 1
無料漫画アプリのランキング!30代におすすめの青年漫画が充実

無料で漫画が読めるアプリって、実は結構多いんです。 どのアプリが良いかなんて分か ...

映画の映写機の写真 2
無限の住人実写映画版、キムタク以外の確定キャストまとめ

※2016年11月7日、最新情報更新しました! 木村拓哉主演で2017年の映画化 ...

manga_asort 3
【最新版】漫画のレンタル最安値!漫喫、電子書籍、宅配、店頭を比較

おもしろい漫画だけど、買うほどでは‥。 でも続きは読みたい。 なんてことは良くあ ...