【ゴールデンカムイ】アイヌの奪われた金塊の元ネタは北海道の埋蔵金伝説か?

ゴールデンカムイ
この記事は約3分で読めます。

ゴールデンカムイは、アイヌから奪った金塊の隠し場所を巡って、その鍵となる刺青の男たちと、金塊を求める男たちが冒険や争いを繰り広げる物語です。

物語の発端は、アイヌが軍資金として金塊を貯めていたことですね。

そして北海道には本当に幾つかの埋蔵金伝説があります。

アイヌが関わった埋蔵金伝説をみていくと、物語の元ネタになってもおかしくない内容がありました。

いったいどんな埋蔵金伝説なのでしょうか?

スポンサーリンク
10月はAmebaマンガが熱い!

Amebaマンガで、どれでも100冊まで全巻40%OFFになるクーポン配布中です!

◆実施キャンペーンについて
会員登録特典のポイントやクーポンは、予告なく変更・終了する場合があります。

このクーポンは本当にイキナリ内容が変わるよ。

まずは100冊40%OFFクーポンがまだ配布中かチェックしてみて↓

北海道に埋蔵金伝説があるのは何故?

と、その前に北海道にはなぜ埋蔵金伝説があるのでしょうか?

実は北海道には、砂金がザクザク採れるゴールドラッシュの時代があったんです。

古くは江戸時代、松前藩が北海道を治めていた頃、各地で大量の砂金が見つかり、それを求めて数万人が北海道に渡りました。

しかしアイヌ民族による松前藩への一斉蜂起をキッカケに、松前藩は北海道への渡航を制限していき、ゴールドラッシュは終わります。

ところが明治30年ごろ、再びゴールドラッシュの時代が来ます。ウソタンナイ川・ペーチャン川で豊富な砂金が発見され、数万人が採取に押し寄せました。

作中の第一話でも杉元が砂金採りをしてましたよねー。

北海道には砂金が採れる川が幾つもあり、今でも少量取れたりします。そしてなんと、今でも砂金採り体験できるみたいです

た、楽しそう・・・近くにその川があったら毎日行ってるかも。

そんなわけで金が豊富だった北海道。

いろいろな蔵金伝説があってもおかしくないわけですね。それをちょっと見ていきましょう。

スポンサーリンク

神居古潭のアイヌ埋蔵金伝説

神居古潭にはアイヌが埋蔵金を隠したという伝説があります。
神居古潭に近い山中に、アイヌが和人(サシム)の襲撃にそなえて隠したとのこと。

ゴールデンカムイの第一話に描かれている、

日本人に抵抗すべく一部のアイヌたちが密かに軍資金をためていたらしい

という話にも通ずるものがありますね。

また、第二話でアシリパの叔父さんマカナックルが、

あの砂金は我々の先祖が採ったもので
何十年もずっと触れられずにいたものだった

と話しています。

正確には襲撃にそなえてなので「襲撃するため」ではありませんが、アイヌが砂金を集めて隠したという伝説は元ネタであっても違和感なしです。

スポンサーリンク

根室アイヌ酋長ヨコウシの埋蔵金伝説

根室の標津町にもアイヌの埋蔵金伝説があります。

この地の酋長ヨコウシは、先祖代々の金塊をもつ大富豪。北見の酋長サツリーはヨコウシの財宝を狙っており、ある日その機会を得ます。

ヨコウシの娘が嫁ぐ際に、大勢がお祝いについていき、村には子供と老人しかいません。

迫り来るサツリーの大軍勢を前に覚悟を決めたヨコウシは、滝のそばの深い穴の中に全財産を埋めました。ヨコウシの死後、財宝の行方は誰にも分からなくなります。

この出来事のあと、ソーケショマナイ川が忠類川に合流する当たりを金山と呼ぶようになったとのこと。

そして標津町の忠頼川上流には「金山の滝」が現在もあります。埋蔵金の手がかりは「朝日さす、夕日さす」みたいです。

この伝説は元ネタとはあまり関係なさそうですけどね。(^_^;)

スポンサーリンク

まとめ

実は北海道って、砂金の採れる川が多いんです。

その割には北海道の伝統工芸に金細工ってないですよね。アイヌの伝統にも金細工はないようです。

北海道から採掘された金はいったい何処に行ってしまったんでしょうかね。。

かなり脱線しましたが、北海道の埋蔵金伝説はアイヌの集めた砂金が元ネタかも?なんとなくそれっぽい気がしないですか?(^_^;)

参考文献

・北海道浦河町役場「浦河砂金物語 ―孤独な男たちの夢
・浜頓別町役場「枝幸砂金の歴史」
・北海道標津中「金山の謎の財宝
畠山清行「日本の埋蔵金」(中公文庫)

コメント

  1. イイダマサナオ より:

    年代は違うけど、函館高専 寺門准教授が下記調査発表されております。12世紀に奥州藤原氏と砂金交易の可能性が高いようですので、金は本州に送られていたのかと。
     先日、直接お話を伺えた際に、”ゴールデンカムイは私も読みました”と。
     砂金の産地は門外不出で情報が少ないそうです。

    • マンガオー(怪獣オバケ) マンガオォ より:

      イイダさん、コメントありがとうございます。
      コメントを読んで、もしかして砂金がたくさん取れる川ってまだあるのかも?って思ってしまいました。
      本州に送らずに、もう少し砂金残しておいてほしかったですね。(汗)
      ※リンク先はパスワードが必要だったので除外させていただきました。

  2. イイダマサナオ より:

    リンク先の件、承知しました。砂金は捕れるけど採算は取れない、が現実のようです。アイヌとの交易という観点では、個人的にゴールデンカムイの舞台でもある樺太の金にも興味があります。寺門准教授もゴールデンカムイは既読だそうで、ご興味は持っておられるようでしたが予算の関係で”今回(2週間前)は北海道のみ”とのことでした。

    • マンガオー(怪獣オバケ) マンガオォ より:

      もしかして樺太にはまだゴールドラッシュの欠片が・・・?
      気になって砂金を調べたんですが、1g集めるだけでも思ったより量が必要ですね。一角千金となると、ゴロゴロ見つからないと厳しそうです。
      もし素敵な川を発見されたら、こっそりヒントください(笑)

タイトルとURLをコピーしました