ゴールデンカムイ114話の考察。エチンケ料理のお味は?

アシリパ ゴールデンカムイ
この記事は約3分で読めます。

ゴールデンカムイ第114話「エチンケ」の考察です。

前回は念願の叶った姉畑先生がついに力尽きてしまいます。

しかもその死に様は激しくも心打つものでした

今回は谷垣たちも加わって釧路へ。そこでエチンケ狩りが行われます。白石の活躍もあって無事エチンケを捕らえたがお味の方は?

114話の背景考察とかしていきますが、ややネタバレするので本誌を読んでない人は先に見てください。

スポンサーリンク
10月はAmebaマンガが熱い!

Amebaマンガで、どれでも100冊まで全巻40%OFFになるクーポン配布中です!

◆実施キャンペーンについて
会員登録特典のポイントやクーポンは、予告なく変更・終了する場合があります。

このクーポンは本当にイキナリ内容が変わるよ。

まずは100冊40%OFFクーポンがまだ配布中かチェックしてみて↓

第114話の超ザックリあらすじと感想

扉絵は久々登場の二瓶鉄造と湯たんぽリュウ。二瓶さんの決めゼリフが炸裂。

二瓶さんカッコいいのに死ぬの早すぎですよね。

もっと活躍出来たはずなのに!

杉元と尾形が最新の三八式歩兵銃で揉めていたのですが、杉元が持っても豚に真珠ということで、尾形の持ち物になりました。

いやこの三八式歩兵銃って凄いんですよ。実は世界に誇る日本の武器だったりしたんです。

まぁ調べて知ったんですけどね。

で今回のメインはこれ!釧路の海辺でウミガメ漁。

クンネ・エチンケかフレ・エチンケは見た目ではわからないそうです。

だけどクンネ・エチンケは甲羅が柔らかいらしい。

杉元がクンネ・エチンケを食べてみたところ、甲羅は硬めの高野豆腐みたいで、肉の方は鶏肉みたいだって!

すっぽんなら食べたことあるけど、たしかに甲羅まで食べられるんです。だけど美味しいかというわれると、あんまり良い思い出じゃないっす。(汗)

ちなみにフレ・エチンケの方は肉食なので、肉に臭みがあるそうですよ。

まぁ食べる機会は絶対ないと思いますが。

今回も怒涛の展開で、そしてページ数が多かった。

ストーリー的に重要なものはなく、エチンケを獲って喰っただけの話ですが(笑

最後にトノサマバッタが大量発生してます。

姉畑先生のご乱行が、災いを招いてしまったのは間違いないですね。

スポンサーリンク

第114話の考察、背景

クンネ・エチンケ、フレ・エチンケをもう少し詳しく。

クンネ・エチンケ(アオウミガメ)

アイヌ民族博物館で調べたところ、クンネ・エチンケは黒い亀で、アオウミガメのこと。

アオウミガメ(英名Green Sea Turtle)の由来は、脂肪が緑色だから。

これは餌の色素が影響しているらしい。主な食事は海草や藻類。体調は80〜100cm、体重は70〜230kg。

味は鶏肉のような味がするらしい。

ワシントン条約に記載され、絶滅危惧種にも分類されているので、国際取引が禁止され、ほとんどの国では捕獲禁止となっている。

ただ発展途上国では食糧事情から、海亀を食べているところもあるらしい。

太平洋の離島では昔から食料として利用され、大航海時代には船乗りが食用として食べていた。このころから絶滅が始まる。

日本では小笠原諸島で、年間135頭の食用目的のウミガメ漁が認められているので、どうしても食べたい人は小笠原諸島に行くと食べられます。

ウミガメの寿司、味噌煮込み、チャーシューなど、結構美味しいらしいですよ。

フレ・エチンケ(アカウミガメ)

フレ・エチンケは赤い亀で、アカウミガメのこと。

アカウミガメの由来は、甲羅の一部が赤褐色だから。

英名だとLoggerheadなんですが、これは身体に比べて頭がデカイから。って雑な命名ですねw

主な食事は貝類や甲殻類。体調は65〜100cmで、体重は70〜180kg。

お肉が臭くて美味しくないから食べないそうです。

アオウミガメと同様に、ビニールゴミや食用、剥製用などの影響により生息数は減少しているとのこと。やっぱり絶滅危惧種に分類されてます。

スポンサーリンク

あとがき

以上、ゴールデンカムイ第114話の背景考察でした。

今日はウミガメ漁とウミガメ料理を楽しむ回になってますね。アイヌの料理の味が気になってしょうがない。

そろそろ食べたときに口の中が光ったり、七星刀がでてきたり、特級面点師が出てきてもいいかもしれません。

次回は蝗害(イナゴの大発生)による災害の話みたいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました